Q.「PRODUCE X 101」の3次順位で1位になったというキムさんは誰ですか?

답변게시판
A. 『PRODUCE X 101』も最後に、向かっています。



全体を12回にかけて予定された放送の中で10回目が終わったので、終点にほとんど到着した状態です。

ファンたちの心を染めて、毎日ファンたちのビタミンになって、国民プロデューサーを魅了するという抱負を持って競演を行い、コンセプト評価まで終えた現在の順位は?まだ分かりません。コンセプト評価が行われた現場で、参加者が得た票だけが発表されました。(一番多くの票を得たチョ・スンヨンは145票、合同びりは4票のカン・ヒョンスとパク・ソンホ)
生存している31人の練習生の現在の順位は?すべて未知数です。


主催側は369,397票を得て1位になった練習生がキムさんということだけ発表しました。11位と21位が取得した票も?です。10位と12位の間、20位と22位の間のどこかにいるでしょう。もしかしたら生存者20人を選んだ後、再び一人の練習生をXで復活させて最後の競演に合流させるかもしれません。『PRODUCE』シリーズでMnetは殺してから、また生かす神的な存在なので、神の幽玄な調和は誰にも分かりません。

ところであの頂上にいるキムさんは、誰でしょうか?

現在、生存しているキムさんは、キム・ウソク、キム・ヨハン、キム・ミンギュ、キム・グクホン、キム・シフン、キム・ヒョンビン、キム・ドンユンなど7人です。本当に多いですね。

ファンたちはキム・ウソクか?キム・ヨハンか?の二手に分かれた雰囲気です。
コンセプト評価では、キム・ヨハンが最も多い172,000票をベネフィットで手に入れました。キム・ウソクが得たベネフィットは20,000票なので、はるかに少ないです。1位が得た票が369,397と公開されましたが、これのほぼ半分をベネフィットで確保したキム・ヨハンが、1位になる可能性が高いです。

キム・ウソクは「悪魔の編集」をされたという主張も絶えず提起されています。X復活戦を通じて上がってきたキム・ドンユン練習生の招聘を置いて「俺たちは、反対するのはどうだ?」と話したことが浮き彫りになり、袋叩きにされたし、プロデューサーの「準備できたか?」という質問にも「準備できてないけど…」と言って、あたかもため口を使うような姿が映りました。一部の主張のとおり放送編集によりキム・ウソクに対する否定的なイメージが続いているならば、キム・ウソクが1位を占めることは難しいかもしれません。

悪魔の編集?

そうだとしてもTOP MEDIAのキム・ウソクが、3次の順位発表で20位の中に入って、最終デビューメンバーとして選ばれるのは、そこまで難しくないと思われます。キム?の?を満たすキムさんを置いて競演を繰り広げる二人の他にもコンセプト競演で1位を占めた「U Got IT」チーム全員がデビュー列車に搭乗する可能性も高い状態です。「U Got IT」のメンバーは、ハン・スンウ、キム・ウソク、ファン・ユンソン、チャ・ジュノ、キム・ヨハン、イ・ウンサンなど6人で、全員が巡航中です。

Mnetが1位の名字を公開した理由は何でしょうか?もしかして以前のシーズンに比べて視聴者やファンたちの反応が、あまりないからでしょうか?

去る7月5日に放送された『プロデュースX101』10回目の視聴率は2.3%です。tvBの『カン食堂~新西遊記 外伝~』の7.2%に続き2位になりました。相変らず高い視聴率を維持してはいますが、以前の爆発的な反応には及ばないようです。シーズン1のキム・ソへ、シーズン2のチャン・ムンボクと同じように話題を引き起こすスターがいないという声も聞こえます。Xシーズンが始まる前、JYPのユン・ソビンに関心が集まりましたが、校内暴力の論議に包まれて早目に降板してしまいました。出演者の過去の行跡を検証するという主催側の公言が虚言になってしまったうえに、スンリ(V.I)とチョン・ジュニョンなどアイドル歌手、オーディション出身スターの法律違反行為でファンたちの心が冷めたかもしれません。

オーディション番組が、ずっと続いているのでファンたちが疲労感に包まれる可能性もあります。芸能界に不穏な気勢が漂う時、『プロデュース X 101』の幕を上げる主催側はかなり緊張したでしょう。その上、精魂を込めてリリースした主題曲、『_ジマ(X1-MA)』の成績も悲惨でした。

シーズン1の『Pick Me』 は、2016年の年間60位に無事に安着して、シーズン2の、『僕さ(나야나 / Pick Me)』は、132日間チャートに安着したし、滅びたと非難されていた『プロデュース48』も、『私のものだよ(내꺼야 / Pick Me)』は、MelOn100位圏に入りましたが、『_ジマ(X1-MA)』は、チャートに入ることに失敗してしまいました。

このような状態で視聴者の反応を引き出すために数多くの未知数Xを動員していますが、『PRODUCE X 101』が、主催側や参加者の望みどおりファンたちの胸を熱くさせるのか、今後スタートするデビューグループが先輩グループのようにファンたちの拍手を受けるのか???です。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-07-09 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄