Q.「PRODUCE X 101」で惜しくも脱落した練習生について教えてください。

답변게시판
A. 『PRODUCE X 101』シーズンを通じてデビューするボーイズグループX1*のメンバーが決まりました。

* 生放送の前日、プロフィール写真を撮影したスタッフによって「X-One」で流出されたと知らされましたが、実はDCインサイドのあるユーザーが作ったことが確認されました。ところが実際にデビューグループの名前がX1になり、DCユーザーの鋭い洞察力が注目されています。

Xメンバーとして最終列車に乗ったイ・ウンサンまで合わせて11人です。
3次の順位発表後、最後のミッションまで遂行した20人の中で9人は残念な結果となりました。

今回のXシーズンは、以前行われたシーズンに比べて参加者の順位が早目に固まったという評価を受けてきました。しかし、生放送の時間が夕方8時に変わって、+Xで合流する最後の1人を決めることが残っていたのでファンたちの声援も最後まで熾烈でした。

自分の好きな参加者が一票でも多くもらえるようにアイディアを絞って努力し続けました。自分が応援する練習生のポスターを作って近くの学校に貼り、40人乗りの大型バスを練習生の顔で全面を包装したラッピングバスまで作りました。地下鉄にある看板は、応援メッセージを書いたメモ用紙で看板の全体を覆ってしまったりもしました。

情熱的な応援の力のおかげでしょうか?

1次から3次の順位発表まで一度もデビュー圏内に名前を上げられなかったWOOLLIMのチャ・ジュノ、STARSHIPのカン・ミンヒ、MBKのイ・ハンギョル練習生がデビュー組に入ることになりました。特にイ・ハンギョルは、KBSのアイドルオーディション・サバイバル番組である『The Unit』で最終13位で脱落した悔しさをなだめることができました。

Xシーズンの公式番組タイトル曲、『_ジマ(X1-MA)』の最初のセンターを引き受けたDSPのソン・ドンピョも順位が6階段上がってデビュー組に堂々と合流しました。そして、「公式タイトル曲のセンターはデビューする」というプロデュースシリーズの伝統*8を継続することになりました。

** シーズン1のチェ・ユジョン、シーズン2のイ・デヒ(李大輝)、48の宮脇咲良、最後の舞台ではキム・ヨハンがセンターに立ちました。

  • 『_ジマ(X1-MA)』の公演



その反面、YOPメディアのイ・ジンヒョクは、順位が8階段も落ちて最終11位に留まってしまいました。今までのシーズンの状況を維持すれば、ギリギリでも合流できたし、A等級で歌とダンスの実力も問題ない状態だと彼を支持していたファンは、より一層悲しかったでしょう。

1次から3次の順位発表の時まで、すべてデビュー組に入ったJELLYFISH所属のキム・ミンギュも惜しくも苦杯をなめてしまいました。もし10位以内に入れなくてもXにならないだろうか?このような期待もありましたが、累積得票数が逆転してイ・ウンサンに席を譲ってしまいました。

キム・ミンギュ(Dream For You)と一緒にデビュー評価の舞台で、センターに立ったソン・ユビン(少年美)、ファン・ユンソン(To My World)も脱落してしまいました。前回のシーズンまで「デビュー評価の舞台でセンターに立った練習生は必ずデビューする」、「スペシャル曲のセンターはデビューに成功する」という公式が成立してきたので、より残念なことです。

  • 少年美のセンター、ソン・ユビン



  • To My Worldのセンター、ファン・ユンソン



  • Deam for Youのセンター、キム・ミンギュ



何回かに分けて紹介した『PRODUCE101』シリーズのジンクスの中で破られたのは、それだけではありません。

トニーが脱落することによってX1は『PRODUCE』が排出したアイドルグループの中で外国人メンバーがいない最初のグループになりました。そして、1次の順位発表で24位を占めた参加者はデビューに成功する、特別映像であるアイコンタクトで最も長く耐えた出演者(ナム・ドヒョン)はデビューできない、練習生の固定ピック1位はデビューするというジンクスもなくなってしましました。ジンクスは、本来破るためにあるので、これに頼り過ぎても困るでしょう。

期待感と名残り惜しさの中、『PRODUCE X 101』は幕を下ろしました。これから、X1に合流したメンバーは、5年間の長い道のりを出発するでしょう。

惜しくもデビュー列車に搭乗できかった9人の練習生は、再び所属会社に戻って、汗を流さなければなりませんでした。世間では派生グループを作って彼らにも機会を与えようという動きがあったりもします。
派生グループが作られようが、所属会社でデビューしようが重要なことは心がけです。シーズンが始まる前、自分たちが歌った歌詞の中に出てくる「負けるな」

지마 지지 마 포기 하지 마
(Pick me, Pick me up!)
빛이 보이지 않아 끝없는 터널 속
무서워 겁이 나
알 수 없는 내일이 너무나 두려워
괜찮아 Power up
지쳐 쓰러져도 포기하고 싶어도
날 멈추지 마
負けるな 負けるな あきらめるな
(Pick me、Pick me up!)

光が見えない 限りないトンネルの中
恐ろしくて怖くなる
予想できない明日があまりにも恐ろしくて
大丈夫だよ Power up
疲れて倒れても あきらめたくても
自分を止めるな
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-07-22 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄