Q.「防弾コーヒー」は本当にダイエット効果がありますか?

답변게시판
A. 筆者もコーヒーがかなり好きな方ですが、防弾コーヒーという物があることを今回初めて知りました。
もしかしたら、聞いたこともあるでしょうがダイエットとは、かけ離れた生活を送っていたので、聞き流していたようです。

経験者の話では、防弾コーヒーにダイエット効果があるのは事実だそうです。体質が違ってもすべての人に通用するダイエット方法でしょうか?

まず防弾コーヒーが何なのか確認するのが先です。

防弾コーヒーの開発者は、電子商取引システム開発などで億万長者になったデイヴ・アスプリー (Dave Asprey)。彼は30歳の頃、140キログラムに達するほど太っていたそうです。400メートルもまともに歩くことができないほど、体の調子が悪くなっていました。チベット旅行に行ったデイヴ・アスプリーは現地人が「ヤクバター茶」を飲んで空腹感を紛らわして体温を維持することを見てインスピレーションを得たそうです。

お茶に無塩バターを入れたり、コーヒーに入れたりすれば、どうでしょうか?
食事の代わりにバターを入れたコーヒーを飲んでみたところ体重が減ったのです。防弾コーヒーで体重を50キログラム以上減量するのに成功してすぐに「最強の食事*」という本を出して、自分の秘法を紹介しました。デイヴ・アスプリーは防弾コーヒーで体重を減量しただけでなくIQも20も高くなったと話しました。

体重が減って、頭がよくなるなんて、コーヒーだけでですよね?真似しなければバカでしょう。うわさが広まってハリウッドスターから運動選手まで有名人を中心に防弾コーヒーが関心を集め始めました。

** 韓国には2017年頃、紹介されました。デイヴ・アスプリーがレシピを公開する前もコーヒーにバターを混ぜる人はいました。エチオピアなどコーヒーの産地でも似た方法でバターコーヒーを飲んだ記録が伝えられています。これを考慮すれば、防弾コーヒーは新しく開発されたというよりは時代に合わせて変形されたと見るのが正しいです。2009年に放映されたドラマ『IRIS-アイリス』(KBS)にもキム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)が北朝鮮の要員キム・ソンファ(キム・ソヨン)にブラックコーヒーにバターを切って入れるシーンが出てきます。

レシピを具体的に紹介します。高級なコーヒー豆を使って牧草だけ食べさせた牛から作られる無塩バターを使わなければなりません。一般のココナッツオイルではなくて、BulletproofでMCTオイルで作ったブレインオクタンオイル(Brain Octane Oil)を使わなければならないというのがBulletproof側の説明です。(少し裏が見えるようですね)防弾コーヒーの本社は、砂糖を入れるなと忠告します。最初から防弾コーヒーを飲む理由が、砂糖の摂取を減らすためという理由もあります。

韓国で防弾コーヒーを飲む人々の中で上のレシピを守る人は、ほぼいないようです。
ブラックコーヒーやアメリカンコーヒーを作って、ここにバター(15グラム)とココナッツオイル(5グラム)を入れて熱い状態でミキサー器で混ぜて作ります。これが最も簡単な方法です。

防弾コーヒーで、どのように痩せるのでしょうか?
原理は低炭水化物・高脂肪ダイエットと同じです。脂肪中心の献立で体が脂肪を燃焼してエネルギーを作らせるという原理です。脂肪を食べることによって体脂肪が落ちますが、防弾コーヒーのバターが体脂肪を下げる引き金の役割をすると見ればいいです。

ダイエット効果をしっかり出すためには、間欠的な断食を併行するべきですが、防弾コーヒーは空腹状態を維持しながらも脳にエネルギーを供給するのに効果的ということが防弾コーヒー愛好家の説明です。


デイヴ・アスプリーが提示する防弾ダイエットスケジュール
- 午後2時までは防弾コーヒー以外に他の食べ物を食べない。
- 昼食と夕食は午後2時から8時の間に食べる。
- 炭水化物を夕食の時だけ食べる。


夕食にお酒を飲むならば?ダイエットはできません。

弾丸も防ぐ程の強いエネルギーが高脂肪なので、一日一杯だけ飲むのが適当だと言いますが、人によっては朝起きて1杯、午前11時頃にもう一杯、このように二杯ずつ飲む人もいるそうです。ただし、主材料であるバターとオイルが飽和脂肪の比率が非常に高いため、心血管疾患を病んでいたり危険な人は気を付ける必要があるでしょう。

ご飯の代わりに飲む防弾コーヒーの味はどうでしょうか?

一言で牛乳が少しだけ入ったカフェラテの味です。苦い味を好む愛好家ならば、あまりうれしい話ではありませんが、カフェラテよりはるかになめらかでおいしいです。ただし冷めればバターが徐々に上に浮かんできて固まってしまうので、味も味ですが食感とビジュアルは、これ以上説明しなくてもお分かりでしょう。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-07-29 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄