Q.日本の歌が原曲である歌の中で韓国で人気があった歌を教えてください(19) -「名探偵コナン」

답변게시판
A. 『名探偵コナン』は韓国でも、とても人気です。

悪党のジン(Gin)に飲まされた薬のせいで、子どもに変わってしまった主人公、主人公が子どもなので子ども向けの漫画と認識され、両親も子供に買ってあげます。ところが、骨組みのストーリーがしっかりしていて、絵よりも文章が長く、年を取っても続けて見れる漫画です。

* 絵より会話が占める割合が高く、韓国では「挿絵小説」、「ライトノベル」に分類すべきだと主張する人もいて、コミュニティでは八萬大藏經.JPG(パルマンテジャンギョン)というファイル名で広まったりもしました。

幼い頃から見ていて、大きくなってからもずっと見れる漫画ということです。オムニバス形式で作られるため、しばらく休んでいたファンが復帰する作品としても有名です。「クドネット」と「ファーストコナン」という大きなファンダムも形成されています。

人気が高いので、アニメの主題歌にも関心が集まるものです

名探偵コナンの16番目のオープニング曲『Growing of my Heart』。日本では2005年11月、倉木麻衣の22枚目のシングルアルバムとしてリリースされました。日本はもちろん韓国など海外のファンが黒い組織の登場で、緊張感のある雰囲気とテンポが速い曲が選ばれることを望んでいましたが、『Growing of my Heart』は、その希望を満足させたという評価を受けました。

未来へ荷造り済ませてbaby
明日(あす)の物語へ歩き出す
見下ろす大地の向こう側まで 終わらない夢を敷き詰めてく
空を流れてる雲と一緒に
そう夕陽に抱かれ君を思う
今 Get up Get up Get up Get up Baby

韓国版では6番目のオープニング曲として使われており、5人組ガールズグループのBaby V.O.X(ベビーボックス)出身の歌手兼女優のカン・ミヨン(簡美姸)が、2008年5月、音源を発売しました。

  • Baby V.O.X のビジュアル担当だったカン・ミヨン



韓国版の歌詞は少し違います。

미래의 꿈들을 찾아 희망의 날갤 달아
오늘의 힘들었던 일은 잊어버리고

저 멀리 보이는 나의 끝 없는 꿈을 향해
더 힘껏 날갤 펼치고 날아가는거야

구름을 지나쳐 하늘 저 끝까지 오르면
눈부신 태양에 내 맘은 따스해지고

이제 Get up Get up Get up Get up Baby
두려워 하지 말고 여기서 시작하는 거야

未来の夢を求めて希望の羽をつけて
今日の辛かった事は忘れて

はるか彼方に見える私の果てなき夢に向かって
もっと思いっきり羽を広げて飛んで行くのよ

雲を過ぎて空の果てまで上がれば
眩しい太陽に私の心は暖かくなっていく

これから Get up Get up Get up Get up Baby
恐れずにここから始めるのよ
Growing Of My Heart (下略)

カン・ミヨンは、Baby V.O.Xが解散した後、歌手、ミュージカル女優、映画出演など多彩な活動を続けておりますが、『Growing of my Heart』作業に参加して幼いファンが、たくさん集まったと言われています。

Baby V.O.X時代、カン・ミヨンは、悪口は言われることは何もしていないのに悪質なコメントに悩まされていました。韓国芸能界史上、社会的物議をかもさず、アンチの多い女性芸能人としては、カン・ミヨンがダントツです。H.O.Tのムン・ヒジュンとのスキャンダルのせいで生じたアンチです。どれほどひどかったかというと、ほぼすべてのファンフィクションに登場する悪女は、カン・ミヨンが担当し、ムン・ヒジュンファンからは殺害するという脅迫までされました。

H.O.Tファンが投げた卵に当たって、唐辛子の粉が入った水鉄砲の洗礼を受けて泣くことも多かったカン・ミヨン、名前のように**強く乗り越えて、スターになりました。

**ソウル大学数学科の建物の1階トイレで発見された落書きです。簡単に言えば、微分が可能ならば連続だ。(간단히 말해 미분 가능하면 연속이다)

倉木麻衣はコナンと縁がとても深い歌手です。そのためコナンのアニメを見ていて、倉木麻衣のファンになる人も多いです。特に『名探偵コナン』の36番目のエンディング曲として使われた『Tomorrow is the last Time』を直接韓国語で歌った後は、韓国のファンがすごく増えました。 実際に聞いてみるとかなり驚きます。アニメソングですが、決して幼稚ではないバラード曲で、「アニメの主題歌だけど、とてもいい歌だね。誰が歌ったの?」、「日本の歌手?ありえない」。日本の歌手は、そんなに韓国語が上手なんですか?!」という反応が自然に出てきます

2009年11月、ソウル広津区(クァンジング)アックスホールで開かれた10周年記念コンサートで熱唱する、倉木麻衣。それ以外にも2007年アジアソングフェスティバル、2012年麗水(ヨス)エキスポ公演などで韓国に訪れました。

韓国語バージョンで歌う倉木麻衣。下のユーチューブを見れば、韓国語バージョンを聴くことができます。
https://youtu。be/BHot3R0BnzA

『名探偵コナン』の十二番目のオープニング曲『風のららら』は、R&B歌手のユリ(本名チョン・ユリ)が作業を引き受けてカバーしましたが、『Tomorrow is the last Time』を韓国歌手が歌う機会はありませんでした。

一つ付け加えるなら、オリコンチャート1位を占めた倉木麻衣の『Stay by my side(2000.03)』は歌手、ハハ(本名:河洞勳)の妻ビョル(キム・ゴウン)がリメイクしました。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-08-07 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄