Q.アン・ジェヒョンと破鏡の危機にある女優のク・ヘソンについて教えてください。

답변게시판
A. 本当に残念です。

一緒に暮らしていた夫婦も別れることはあります。 顔を見るのも気持ちが悪くて、そばで一緒に息をしていると考えただけでも息が詰まる思いをするかもしれません。愛した人であるほど、憎しみがより大きくなります。

しかし、万人の前にプライベートな夫婦生活が暴かれるというのは、カカオトークの内容までいちいち公開されるのは、本当にかわいそうです。

ク・ヘソンは、ヴァンパイアの医者の活躍ぶりを込めたKBSドラマ『 ディア・ブラッド~私の守護天使(2015)』にアン・ジェヒョンと共に主役に抜擢され、縁を結びました。

KBSのバラエティ番組『ハッピートゥゲザー』に出演したアン・ジェヒョンは、ク・ヘソンの隣で「結婚まで考えて交際している」話しました。
ドラマが終わってから、数日後に恋愛中であることを明らかにし、すぐに結婚発表までしました。ドラマを撮影する途中、心が通じたそうですが、キスシーンまで撮ったので、ドラマが二人の縁を結んでくれたことに間違いありません。

ク・ヘソンは初恋に失敗して傷ついた後、恋に対して懐疑的だったそうです。結婚するのでなければ、付き合いたくないという心境を明らかにしたこともあります。
新作小説『涙はハート模様』の出版記念インタビューでは、アン・ジェヒョンとの結婚過程について、「もう別れることはできない、アン・ジェヒョンと別れたら死にそうだ、別れは怖いし恐怖を感じる、それでアン・ジェヒョンと結婚した」という心境を吐露しました。

2016年5月21日、二人は家族だけが参加した中で、結婚式を挙げました。結婚式というより両家の家族が一緒に食事をする場を持ったくらいでした。夫婦は結婚式に使う費用を小児病棟に寄付しました。

結婚式の日取りを5月21日に決めたことも苦心の跡が見えます。子どもの日、父母の日、先生の日などを忙しく過ごした夫婦が、この日一日だけは二人で落ち着いて過ごすという「夫婦の日」を結婚式の日に決めたから、結婚した時の愛情が一生続くことを願ったはずです。
結婚した後、アン・ジェヒョンとク・ヘソンは、仲良し夫婦を誇示しました。

二人が出演したtvNの『新婚日記』は、視聴率が5.6%にもなりました。二人を結んでくれたドラマ『ディア・ブラッド~私の守護天使』より高い数値です。
アン・ジェヒョンは、「サランクン(愛し上手)」のイメージで広告モデルにも抜擢されました。
このすべてが水の泡となってしまいました。
ク・ヘソンが離婚を望まなくても、もう昔の夫婦の姿は回復しにくいと思います。

3歳年下の夫と結婚しましたが、離婚危機に直面したク・ヘソン(具惠善)は2002年、三宝(サンボ)コンピューターの広告モデルに抜擢され、芸能界に足を踏み入れました。デビュー前にすでにインターネットで5代美人として人気を集めた状態でした。

歌手デビューを目指してDSPメディアで練習生として過ごし、YGのヤン・ヒョンソク代表と会って演技者に転じました。初のテレビ出演の作品であるMBC青春シットコム(シチュエーションコメディ)『ノンストップ5(2005)』に作家志望生の演技をして大衆の目に映り始めました。
2006年KBS『十九歳の純情』であくどい中国延辺出身の女性「ヤン・グッカ」役で初主演を担当しましたが、当時、主題歌も直接歌って話題を集めました。
ク・ヘソンは本業の演技の他に、様々な方面で活動する姿を見せてくれます。

映画監督としてメガホンを握ったりもしました。ク・ヘソンは、放送活動中に合間を縫って書いたシナリオを映画会社「アッチム(朝)」のチョン・スンへ代表に見せましたが、「10ウォンだよ、10ウォン、これは捨てなければならない」という酷評を受けたことがあると打ち明けました。

酷評をしましたが、チョン・スンへはク・ヘソンが2008年初の短編『愉快なお手伝い』を演出する時にスタッフを紹介するなど、たくさん協力してくれたと言いました。その後、数本の映画を撮り、映画会社「ク・ヘソンフィルム」まで設立しました。職員はク・ヘソン一人だそうですが、仕事が始まると潮のように集まり、仕事が終われば引き潮のように流れていくのが、芸能界の仕事なので、職員が社長一人でも何とも言えません。
ク・ヘソンはその他に絵にも見識が高いです。

鍾路区(チョンノグ)仁寺洞(インサドン)「ラメル」ギャラリーで絵の展示会を開き、片手間に描いた抽象画とイラスト50点あまりを披露したこともあります。2016年12月から翌年の3月まで芸術の殿堂で開かれた「アルフォンス・ミュシャ(Alphonse Mucha)、モダングラフィックデザインの先駆者展」ではオーディオガイドを務めたりもしました。

小説を書き、絵を描いて、歌を歌うク・ヘソン、夫の心をつかむことができなかった虚しい部分を埋め合わせようとする必死のもがきでしょうか?
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-08-27 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄