Q.女優のソ・ウンスについて教えてください。

답변게시판
A.
プロフィール写真を見た感想は、どうですか?花に比べると野菊?

きれいというより地味で端正な顔立ちの女性です。

女優ソ・ウンス(本名: 李汀敏)は、そのようなイメージで大衆の前に現れました。

彼女は、小学生の頃から女優になることを夢見ていました。両親の反対で演技者の夢を諦めて、高校2年生まで舞踊を専攻しました。大学入試を目前にして、ソ・ウンスは心の声に耳を傾けたそうです。

「この道は、はたして多額のお金を投資してやるほど、私が望んでる進路なのか」

何度、自分に問いかけても答えは「違う」だったようです。

「舞踊をやめる」という娘の言葉に親は驚いて反対しました。しかし、親を説得したり、歯向かってケンカをしたりしながら、結局自分の意思を貫き、演技塾に通い始めました。そして、韓国芸術総合学校の演技科に入学します。一歩遅れて演技者の道を選んだにも関わらず、一度で合格するのを見ると、望み通り才能もあったようです。

大学生の頃、アルバイトで小遣い稼ぎをしました。 主にフィッティングモデルをしましたが、収入がかなり良い方だったそうです。服屋のモデルもして、カフェのアルバイトも長い間しました。飲食店のホールスタッフもしました。そのおかげで、モップがけの演技はリアルにできると自慢しています。

大衆の前に初めて登場した東亜製薬の疲労回復ドリンク「バッカス」のCMも、小遣い稼ぎのために行ったものでした。当時、バッカスのCMはオーディションがなかったそうです。撮影前に練習のつもりで一般モデルとしてテスト撮影をするということで、ソ・ウンス自身も軽い気持ちで撮影に臨んだそうです。

  • バッカスのCM「自分を大切にしよう」



「週末には、何をしてるんだ?」
「お前、何才だ?」

お客さんのとんでもない要求と悪口にも明るい声で対応して、仕事を終えて母に電話をする時も「はい、お客様の末娘です」と言う演技をしました。あまりにも平凡すぎて、一般のテレマーケターの中で容貌が比較的地味な人がキャスティングされ、CMを撮ったという話も出回りました。

テスト撮影がCMに採択されたという話を聞いて、冗談だと思ったそうです。ヘッドセットも家で使っていたもので、化粧気のない顔が平凡だったので撮り直したかったそうですが、テスト撮影が完璧だったため採択されたCMだったので、撮ることもできませんでした。

ソ・ウンスは、このようにして芸能界にデビューしました。

2014年、映画『殺人の始まり』、2016年に独立映画『エイ』、SBSドラマ嫉妬の化身(中国延辺族出身の継母リ・ホンダン役)、『浪漫ドクターキム・サブ』(石垣病院の職員ウ・ヨンファ役)、2017年OCNのドラマ『デュアル』(医学部記者リュ・ミレ役)に出演しました。

2017年9月から2018年3月まで放送されたKBSの52部作ドラマ『黄金色の私の人生』で世の中を天真爛漫に過ごす二卵性双生児の双子の妹、ソ・ジスの役を演じて、演技人生の花を咲かせました。

視聴率が最高40%を越えるドラマで主演女優として活躍したため、運よく人気が急上昇したということです。しかし、続いて出演したtvNドラマ『空から降る一億の星』で表情もなくて感情が込められていない演技をしたと酷評されました。全然、感情移入できない演技だったという評価でした。

2019年JTBCドラマ『リーガル・ハイ』で正義感に燃える初心者の弁護士ソ・ジェインの役を務めますが、この作品でソ・ウンスの演技力には依然として?が付きました。

ソ・ウンスは、いつかインタビューで、「チェ・ミンシクとぜひ一度一緒に作品をしてみたい」と話しました。映画『沈黙』のオーディションを受けに行った時、審査委員だったチェ・ミンシクと即席で息を合わせて父親と娘を演じましたが、目の中に多くのものが込められていて目が合っただけで涙が出たというのです。当時は、演技の実力が足りなくて落ちましたが、いつかは一緒に映画をやってみたいという夢です。

ソ・ウンスは、 tvN ドラマ『ホテル・デル・ルナ』にサンチェスの亡くなった恋人ベロニカ役で特別出演しました。

そして年末に放送予定のチャンネルAドラマ『ミスマム・ジェイン』に出演する予定です。JYJのキム・ジェジュン(金在中)もこのドラマの出演を提案され、前向きに検討していると言うので、韓国芸術総合学校出身の演技力を発揮する瞬間です。

ロマンティック・コメディ『ミスマム・ジェイン』の内容はすでに大衆も知っている作品です。ベネズエラのテレノベラ『ファナラビルヘン』が原作で米国CWTVで5シーズンにわたってドラマ(Jane The Virgin)を作ったりしました。ネットフリックスで公開され、韓国でも多くの人がすでに見た状態なので、作家や演技者やその分負担が大きいと思います。

ソ・ウンスは母親が18歳の時にできちゃった婚で生んだ娘として、祖母に面倒を見てもらって、婚前純潔主義者として育ちますが、定期検診を受けてる途中に医者のミスで妊娠をするようになる大学の卒業を控えたイ・スジョンを演じることになります。

見方によっては分かり切った内容ですが、こんなストーリーで視聴者を泣かせて笑わせるなら、彼女の演技人生に優れた業績を積み上げることができるでしょう。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-08-28 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄