Q.スポーツスターと芸能人のカップルを紹介してください(下)

답변게시판
A. プロ野球球団、ハンファイーグルスの外野手、イ・ヨンギュ(李龍圭)は、今年少し苦労しました。投手が投げたボールに当たって負傷したという話ではなく、自分を主力よりは候補にした監督に不満を抱いて移籍を要請し、出場さえできなかったシーズンを送ったわけです。

イ・ヨンギュの暫定的な退団のため、競技場でこのような姿は見られませんでした。

イ・ヨンギュの妻ユ・ハナ(柳河娜)は演技者出身らしく、夫の一挙手一投足に一喜一憂する表情で話題になったりしました。

イ・ヨンギュとユ・ハナはユ・ハナがアシアナ航空のモデルをする当時、縁を結び始めました。乗務員の服装のユ・ハナの写真に惚れたイ・ヨンギュがミニホームページで連絡をして、ユ・ハナもイ・ヨンギュのミニホームページに入って写真を見てから会いました。会ってから3日後、ユ・ハナが積極的に求愛したそうです。

ユ・ハナは2017年9月、SBS『シングルワイフ』にゲストとして出演した当時、「生まれ変わってもまた、イ・ヨンギュと結婚するのか?」という質問に少しのためらいもなく、「絶対に結婚する」 と答えました。「夫が他の女性と暮らす姿は見ていられない」というのが理由でした。
同日の放送でユ・ハナの発言の中で話題を集めたものは別にあります。野球選手の妻の容姿の順位だ。

ユ・ハナは躊躇せず、1位に韓国の国民打者イ・スンヨプ(李承燁)の妻、イ・ソンジョン(李松静)を挙げました。

イ・ソンジョンは高校時代からモデルとして活動し、ドラマにも出演したことがあります。2001年にアンドレ・キムのファッションショーの舞台に立ったことがありましたが、その時イ・ソンジョンに一目惚れしたイ・スンヨプが先にアピールしてきたそうです。
当時、イ・ソンジョンはまだ高校生でした。自分はMFだと紹介するイ・スンヨプの言葉に「ああ、そうなんだ」と言うほど野球について何も知りませんでした。すでにホームラン打者の威厳を誇示していましたが、最初は誰なのか、よく分からなかったことでしょう。

1年間、付き合ったあと、イ・ソンジョンが中央大学の演劇学科の1年生として在学中、結婚しました。キャンパスライフを楽しむこともできなかったはずです。その後、イ・スンヨプが日本に所属チームを移したため、ついて行きました。中央大学と姉妹結縁を結んだ日本大学に1年半ほど通い、大学の卒業証書を得ることが出来ました。

イ・ソンジョンは美貌と共に、ものすごい童顔の所有者としても有名です。上の写真を撮った当時、年齢は36歳です。信じられますか?

美貌を誇る野球選手の妻の中には、アナウンサー出身が多い方です。もしかしたら、野球試合の前後にインタビューをしながら、目を合わせる機会があったからではないかと思ったりもします。

野球選手とアナウンサーカップルの元祖は、ハンファイーグルスの4番打者、キム・テギュン(金泰均)と野球専門女性アナウンサー1世代を代表するキム・ソクリュ(金碩榴)です。

メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースの投手、リュ・ヒョンジン(柳賢振)の妻、ベ・ジヒョンもプロ野球専門のアナウンサーでした。ベ・ジヒョンは西江(ソガン)大学在学時代、スーパーモデル選抜大会で入賞した経歴の持ち主です。
大学を卒業してSBS、ESPN、MBCの『スポーツプラス』で活動していたころ、リュ・ヒョンジン と結婚し、アナウンサーをやめることにしました。遠く離れたアメリカで新婚生活をするようになったため、ソウルの放送局に出勤するのは不可能となり、内助はやむを得ない選択となりました。

リュ・ヒョンジンとベ・ジヒョンは、野球選手と野球専門アナウンサーカップル3号であり、2号は韓国野球のホームラン王、パク・ビョンホ(朴炳鎬、キウム・ヒーローズ)とKBS Nのスポーツアナウンサー、イ・ジユン(李智允)カップルです。

2人の縁はパク・ビョンホの愛の告白から始まりました。イ・ジユンのサイワールドに、真剣に付き合いたいという意思を明らかにし、その真面目さに引かれて付き合い始めたそうです。イ・ジユンは何回もデートをしながら、結婚しなければならない人のような感じがしたそうです。

パク・ビョンホは2011年12月イ・ジユンと同棲した後、ホームラン打者の本能が目覚め始めました。運動選手である夫の内助に集中しているイ・ジユンが食事に気を使いながら、食卓にはいつもメイン料理を出して、そのメイン料理は、一週間のうちで同じ物を作らないという厳格さが2年連続50本塁打を放った秘訣です。

パク・ビョンホは2014年8月初め、6打数無安打に4三振を受ける最悪の姿を見せましたが、後で確認したところ、妻の出産が差し迫ってたからでした。パパになった後35本目のホームランを打ち、スランプから脱出しました。

パク・ビョンホの妻イ・ジユンは、第8師団の新兵教育隊政訓将校を経て、女性士官としては初めて芸能兵士の直属上司である広報支援隊長を務めた士官出身です。パク・ビョンホより4歳年上だから、夫にも厳しいです。パク・ビョンホが年俸2億2000万ウォンだった時代、1か月の小遣いは80万ウォン。年俸が5億ウォンに引き上げられた後、小遣いも100万ウォンに値上がりしたそうです。

SKワイバーンズの強打者、チェ・ジョンは蔚山(ウルサン)MBCの気象キャスター、ナ・ユンヒと2年間付き合った後に、2014年12月に夫婦の契りを交わしました。結婚当時、チェ・ジョンは自由契約選手(FA)韓国の歴代最高額の総額86億ウォン(4年)の契約を結び、新婦を幸せにさせるようなプレゼントをしました。

サムスン・ライオンズの捕手カン・ミンホの妻、シン・ソヨンさんも気象キャスター出身です。 SBSのアナウンサーとして2012年、始球式のためにマウンドに上がり、ボールを受け取ってくれたカン・ミンホと縁があったようです。その後、恋人に発展しました。

美貌を誇る野球選手の妻のうち、欠かせない人物がいます。メジャーリーグのテキサス・レンジャーズの外野手、チュ・シンス(秋信守)の妻、ハ・ウォンミです。
ハ・ウォンミは芸能人でも、アナウンサー出身でもありませんが、優れた美貌を誇っています。いや、それより、夫婦の愛の物語は、ドラマのようです。

チュ・シンスがマイナーリーグで選手生活をしていた頃、ハ・ウォンミはチュ・シンスだけを信じてアメリカに向かいます。結婚式も上げられないまま、第1子を妊娠しました。当時は医療保険すらなく、妊娠した身で夜明けから並んで待つ無料の病院に通ったそうです。

出産当日も一人で病院に行って子供を産み、翌日チャイルドシートに乗せて運転して家に帰りました。 チュ・シンスは、出産休暇を取って自分の妻と子供のそばにいたかったそうですが、そうすると選抜の機会を他の選手に奪われかねない状況だったのです。ハ・ウォンミは生まれた赤ん坊を見たチュ・シンスに「もう大丈夫よ」と競技場に戻るように言ったそうです。10日間の遠征が始まったチュ・シンスは、ピザ1枚で3日間を持ちこたえ、節約したお金で妻のプレゼントを買ったそうです。

父親は家にいなく、2人で子供を育てるハ・ウォンミはストレスで片目が見えなかったことがあります。医師は最悪の場合、失明も覚悟しなければならないと警告しました。
「あなた、私の目が見えなくなったらどうする?」
「俺は、お前のために野球をやってるんだ。お前の目が見えなくなったら、野球をやめて俺の目をあげるよ」
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-10-16 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄