Q.サムギョプサルを焼く時、コツのようなものがありますか?

답변게시판
A. サムギョプサルが好きな人々の話を聞いてみると、豊富な脂肪だから、おいしいと言います。
豚肉には脂肪がとても多いです。
サムギョプサルの白く見える脂身以外にも、肉をよく見ると脂肪の割合が非常に多いです。サムギョプサル全体で水分を除いた残りの重さのうち、60%が脂肪だと言われています。

豚肉の脂身はオレイン酸、ビタミンB、オメガ3が豊富な「スーパーフード(super-food)」とも言われています。

脂身と脂肪はサムギョプサル愛好家の賛美を受けますが、これが原因でサムギョプサルと縁を結べない人もかなり多いです。

子供は10人のうち8人、9人は、ぐにゃぐにゃする脂身の食感のせいで噛みきれず、吐き出すこともあります。

年を取るにつれて脂身には慣れますが、一生脂身と壁を作って過ごす人も多いです。幼い頃、油っこい食べ物を食べられずに育った人にサムギョプサルをおごってあげると、脂身が生臭くて吐きそうだ と訴える場合もあります。

これに豚肉特有の匂いまで加われば、サムギョプサルという言葉を聞いただけでうんざりする人も、周りによく見かけます。職場や学校、知人と共にサムギョプサルを食べに行くと、脂が抜けるようにしっかり焼いてから箸を向ける人もいます。腸が敏感な人は無理やりサムギョプサルを食べた後、トイレに行ったりするので、そんな経験をした後ならなおさら敬遠されるでしょう。

脂身とは親しくない人、豚肉の匂いが嫌いな人も一緒に楽しめるように焼く方法はあるでしょうか?

本当に難しい問題です。脂身はナイフで適当に切り取って焼けばいいですが、全体をそうしたら脂身の味を楽しむ愛好家に悪口を言われるでしょうし、脂身は取った物と、取らなかった物を別々に焼けば、それも注目されるでしょう。

豚肉の匂いを解決する方法はたくさんあります。冷蔵庫に古いビールがあれば、ビールとコショウ、ネギを一緒に入れて煮込んだ後、豚肉をコーティングするように湯がけば、豚肉の匂いがきれいになくなります。

市販で売ってるコチュジャン(唐辛子味噌)サムギョプサル、テンジャン(味噌)サムギョプサルを専門に扱う料理店がありますが、コチュジャンとテンジャンは豚肉の匂いを消すのに効果的です。

コチュジャンと唐辛子粉、醤油、オリゴ糖、味醂、梅エキス、ニンニクなどで調味料を作り、サムギョプサルの上に注いで炒めて食べることもできるし、サムギョプサルに調味料を塗って焼いてもいいです。コチュジャンの代わりにテンジャンが入るとテンジャンサムギョプサルになりますよね。タレに一晩中、つけておくと、豚肉の匂いがきれいに消えるそうです。


コチュジャンサムギョプサル、テンジャンサムギョプサルを作るのが面倒くさいなら、スーパーで牛カルビの味付けを買って、サムギョプサルにくまなく塗ってから焼いて食べてもいいし、焼酎やワインに寝かせておいても、豚肉の匂いとお別れできます。

実は家でサムギョプサルを焼いて食べるのは、少し不便です。匂いが家中に広がって、換気をしてもあまり抜けません。フライパンで焼くと油が抜けず、そのまま溜まります。溜まるたびに油紙やキッチンタオルで拭き取ればいいのですが、面倒くさいです。

台所にあるガスレンジで焼くとガスレンジだけでなく、台所の床、壁、食器まで油で覆われて台無しになります。これに対する代案として、電気フライパンの周りに新聞紙やトイレットペーパーを敷いて準備をした後に焼いたり、電気オーブンで焼いたりすれば、悩みの種である油問題を解決することができます。

時間がかかりますが、燻製を作るのも豚の匂いや脂身の問題を解決する良い方法です。広い庭があれば豚肉で燻製を作るために、布にくるくると包んで火をつけてもいいし、家では燻製グリルを利用すればいいです。燻製グリルがなかったら?
炭に濡れたスモークチップを入れてもいいです。時間に余裕があるなら、大きな釜にアルミホイルを敷いてスモークチップを入れて、砂糖をたっぷりかけます。焼き網を底から適当に浮かべて設置した後に焼き網で肉を焼いて蓋をして40~60分間火をつけたら、サムギョプサルの燻製を味わえます。

豚肉の匂い、脂身のぐにゃぐにゃする食感問題も解決できます。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-10-23 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄