Q.「PRODUCE 101」の投票結果改ざん事件について教えてください。

답변게시판
A. 『PRODUCE X 101』の最終回は、2019年7月19日の夜に放送されました。その日、未知のX練習生を含めて11人のデビュー組が確定しました。

しかし、アイドルの夢をかなえた練習生たちを祝うのは、まだ早いです。翌日から投票結果が捏造されたという論議が起こり始めました。早朝4時35分、DCインサイドの『PRODUCE X 101』ギャラリーに以下の表と表を分析した文章が掲載されたため、決戦を通過した練習生は祝う代わりに疑惑の視線を受けることになったのかもしれません。

総得票数を練習生が、それぞれ獲得した得票数で分けると正確に小数点第二位、0.05%で割り切れるということです。0.05%を票で換算すると、7494.5票です。

7494.5を定数にして0.1%の票差がある練習生は14,989票、0.2%の票差がある練習生は29,978票の票差があるという事実を摘示しました。

コメントを残した人は、順位を変える不正な改ざんがあったのかどうかは知りませんが、放送に送出された数字は任意的に捏造された数字であることは確かだと釘をさしました。

上の表を見ればわかりますが、確かにパターンがあります。
- 隣接した2人の順位の得票数が一致する場合が多い。
- 1つを除いたすべての数はある定数に7494.442を掛けた後、四捨五入すれば得ることができる。
- 1つを除いたすべての得票数は7484、または7495の倍数の合計だ。
- 20位(表では19)の得票数やほかの順位の得票数を足せば、他の順位の得票数と一致する場合が何度も登場する。

数字が証明しているため、論議が大きくなるしかありませんでした。こうした中でもMnetは一切対応せずに一貫しました。ある新聞はMnet関係者の口を借りて、「文字投票と関連して疑惑があることは知っている。それで内部でデータを確認してみたが、全く問題はなかった。何度も得票差が繰り返されるのも不思議だが、それがありのままの点数だから何も言うことはない」

公式立場を表明しても、疑惑が解消されそうにないので、公式立場は表明しないだろうという言葉も付け加えました。結局、解明用の資料を出しました。小数点第二位で四捨五入する過程で一部のミスはありましたが、X練習生を含めた順位の変動はなかったという説明でした。

Mnetが公式立場を明らかにする前、国民プロデュースたちは、すでに有料投票真相究明委員会(以下委員会)を立ち上げ、法的対応を始めた状態でした。弁護士費用を調達するために募金を始めましたが、1時間も経たずファンディング(最低の受任料330万ウォン)が集まりました 。

委員会側が検察にMnetの制作陣を刑事告発するという強硬な立場を固守すると、Mnetは白旗を掲げました。捜査機関に捜査を依頼する方針を明らかにしました。生半可な釈明よりは捜査するのが正しいという意見と同時に、尻尾切りという批判も起りました。

後からKBS、MBC、SBSなど地上波三社やニュース専門チャンネルYTNなどで「7494」のミステリーを扱い始めました。

警察の捜査が本格化し、不正の事実が確認され始めました。警察は、『PRODUCE X』の製作陣の事務所と文字投票データ保管業者を押収捜索する過程で、不正が直接言及された録音ファイルを確保し、Xシーズン以外にも他のシーズンに対する不正もあったことを確認しました。

X1、一部のメンバーたちの所属会社であるスターシップエンターテインメント、Woollimエンターテインメント、MBKエンターテインメントに対する押収捜索も行われました。これら三社は、『PRODUCE 101』の制作陣との癒着関係を疑われましたが、『PRODUCE』シリーズ担当のアン・ジュニョンPDなど制作陣はソウル江南(カンナム)の風俗店で数百万ウォン台の接待を何度も受けた事実も明らかになりました。警察調査でデビュー組のメンバーのうち、少なくとも3人の順位が入れ替わったことも確認されました。

結局、Mnetのアン・ジュニョンPDとキム・ヨンボムCPは、詐欺および背任収賄の疑いが認められ、逮捕されました。

アン・ジュニョンPDは、警察調査で『PRODUCE X 101』と昨年に放送された『PRODUCE 48』の順位捏造の疑いを認めたそうです。

「PRODUCE」シリーズの制作陣は数字に弱い人たちから見ても「怪しい?」と感じるほどの捏造をなぜ行ったのでしょうか?

『PRODUCE 48』も、ランキングを不正に改ざんして、一部で合理的な疑問を提起しましたが、疑惑は埋もれてしまいました。

『PRODUCE 48』では同一の数字が繰り返される場合は、8~9位と12~13位の(8,014)と9~10位と19~20位の(2,226)2度だけですが、Xシーズンでは目に見えて分かります。

そのため一部では、捏造の利便性に慣れてしまったため、視聴者や国民プロデュースを甘く見た結果だと捉えています。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-11-12 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄