Q.爆弾酒の種類について教えてください(下)

답변게시판
A. 「爆弾酒」と言えば最近、思い浮かぶ女優がいます。
お酒を止めてから10年が過ぎたというイ・ユリです。2015年に放映された『スーパーダディー熱』で余命宣告を受けたシングルマザー、チャ・ミレ役を担って以来、なぜか担当する役柄ごとに爆弾酒が介入しました。

MBCの48部作『かくれんぼ(2018)』とミニシリーズ『春が来るのかな春(2019)』を経て、彼女は爆弾酒の職人として生まれ変わりました。爆弾酒の作り方の中で高難易度の技術を相次いで披露したため、職人といっても過言ではありません。


イ・ユリがドラマで披露した爆弾酒は忠誠酒とドミノ酒を合成した技術、そしてシャワー酒です。 ドミノ酒は、ビールグラスの上にウィスキーグラスを列を作って並べてから、いっぺんに落とす神業です。忠誠酒とは、グラスが置かれたテーブルに頭を打ち、グラスを落とす方法です。 頭を下げて、忠誠を誓う姿と似ているため付けられた名前です。

シャワー酒は、ビールグラスに丁度よくウィスキーを注いだ後、親指でビール瓶をふさいで降った後、小さな隙間からビールが吹き出るようにする技術です。ビールの泡の圧迫を利用する手法ですが、KBSドラマ『職場の神』でキム・ヘスが演じたこともあります。

シャワー酒は、竜巻酒と少し似ています。
竜巻酒は爆弾酒が流行し始めた初期から登場しました。原子爆弾酒を作った後、ナプキンをビールグラスに被せて、手でグラスを回すように振って腕を伸ばすと、ビールグラスに竜巻が起きるため付けられた名前です。

**竜巻酒はお酒が苦手な人に有利です。爆弾酒の上部にあるウイスキーがナプキンについていく可能性が高いからです。竜巻酒に氷を1個、浮かべると「ダイヤモンド酒」になります。

ナプキンを飛ばして天井にくっついてしまえば最高ですが、投げ間違えると前の人や隣の人の額にくっつくこともあります。

爆弾酒の中で最も多い種類はビールグラスの上に置いたウイスキーグラスを落とす手法によって分かれます。ドミノ酒を作る時のように数杯を一緒に作るのではなく、一杯だけ作る時はビールグラスに箸を立てた後、ウィスキーグラスを乗せます。したがって、箸をどう片付けるか?によって様々な技法が使われます。

最も基本的な方法はガランイ酒。股を開けるように箸を開けてウイスキーグラスを落とすことです。箸をスプーンや他の箸で叩いて落とすとゴルフ酒**と呼ばれます。ウイスキーグラスを乗せる所を、箸の代わりにクレジットカードや名刺を使うこともできます。クレジットカードなどをゆっくり抜いてウイスキーグラスを落とす方法は、スライディング酒として通用しています。

***映画の『内部者たち』に出てくる場面もゴルフ酒の一種です。

箸を拳でたたき、ウィスキーグラスを落とすとテコンドー酒、手刀で箸を飛ばせば空手酒、長風を吹かせるように手の平を利用するとカンフー酒になります。W杯の期間中、ある政治家がサッカーボールを蹴るように蹴って、箸の上のウィスキーグラスをビールグラスにポンと落とした、いわゆる「W杯酒」を披露したこともあるのですが、拒否感を感じる人が多く、お酒の席で勧めるような技法ではありません。

お酒に弱い人には、びっくりするほど強力な爆弾酒の中に手榴弾酒があります。
缶ビールの底や真ん中に穴をあけた後、ビールを少し注ぎます。そして洋酒を入れてビールの缶を満杯にして、よく振って混ぜます。缶の空いた穴に口を当てて飲むか、ストローを使って飲むのですが、これを「一気飲み」するのは、並大抵のことではありません。

金縁酒、銀縁酒もあります。ビールを注いだビールグラスにナプキンを乗せ、その上にウィスキーをゆっくり注いでビールグラスに流れるようにする作り方です。ナプキンで濾過されたウイスキーは、比重の差でビールと混ざらず上部に浮くようになります。 まるでビールグラスの上に金縁のように浮かんでいることから、金縁酒と名づけられました。ウイスキーの代わりに焼酎を注ぐと「銀縁酒」になります。

この他にもソンファボンソン酒、ファンウソク酒、ティコ酒、チョンチュンハチョ酒、T字酒など数多くの変種がありますが、省略して最後に射程酒を紹介します。

射程酒は原子爆弾酒を作った後、お酒がこぼれないようにラップでグラスを包みます。竜巻酒を作る時のように、グラスを振って、テーブルの上に勢いよく下ろし、爪楊枝で小さな穴を開けると、お酒が噴水のように吹き上がるのです。「ミサイル酒」、「噴水酒」とも呼ばれていますが、お酒の席に本当に酒に弱い人がいたら作ってあげられるお酒です。一応、射程した爆弾酒はとても弱くなるからです。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-12-25 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄