Q.子年(ねずみどし)の芸能人は、誰なのか教えてください(1)

답변게시판
A. なぜ、ネズミが十二支の中で、一番目を装飾するのかは、いくら考えてもよく分かりません。
地面に足をついて生きる12匹の動物の第一がネズミだなんて、少しおかしくないですか?

旺盛な繁殖力に感嘆した人々が、大災害が世界を荒らしてもネズミは生き延びる動物と考えたからかもしれません。

ところで、20世紀の最初の年である1900庚子年から、子年が繰り広げられます。以降、1912壬子年、1924甲子年、1936丙子年、1948戊子年、1960庚子年、1972壬子年、1984甲子年、1996丙子年に続きます。21世紀、最初の子年は、2008戊子年です。

俳優の中には美男俳優のチャン・ドンゴン(張東健)と彼の妻、コ・ソヨン(高蘇榮)、芸能界の外ではゲーム企画者としても活動するキム・ガヨン(金加姸)、優れた演技を披露するキム・ミョンミン*(金明民)、1990年代のアイコンの1人だったキム・ミンジョン(金旻鍾)、キム・ソックン(金錫勳)、MBCドラマ『新米史官ク・ヘリョン』で大妃イム氏の役柄を務めたキム・ヨジン(金麗珍)、放送人として、よく活動しているキム・ウォニ(金垣熹)、暴力団、演技の達人(?)のキム・ジョンテ、演歌歌手としても活動中のノ・ヒョンヒなどがいます。

一時は、韓国のトップスターとして期待されたリュ・シウォン(柳時元)は、不足な演技力にパワハラ、暴行、そしてドロドロの私生活まで知らされて、今は放送出演がほとんどないほど没落してしまいました。

  • 出典- コ・ソヨンのInstagram。新婚の雰囲気を見せるチャン・ドンゴンとコ・ソヨン



無名時代には 「お前の顔で俳優はできない」と言われましたが、ニュージーランドに移民しようとしていた瞬間、KBSドラマ KBS『不滅の李舜臣』にキャスティングされ、演技派俳優になりました。

俳優と女優の紹介を続けます。

長い無名時代を耐え抜いた後、起亜(キア)自動車をはじめ、各種CMのモデルに抜擢されたパク・ソンウン(朴星雄)を欠かすことはできないでしょう。パク・ソンウンはMBCドラマ『太王四神記』で白虎の守護者チュムチ役にキャスティングされ、潜在力を爆発させます。このドラマを撮影しながら親しくなったシン・ウンジョン(申恩貞、ダルビ役)と夫婦の契りまで結んだため、彼としては、代表作に出会ったわけです。

SBSドラマ『砂時計(1995)』で、主人公ユン・ヘリン(コ・ヒョンジョン)の隣で何も言わずに黙々と彼女を守ったボディーガード役を務めたイ・ジョンジェ(李政宰)**は、当時、女性たちが選んだ理想のタイプ1位でした。叶わない愛を守るため、命まで失う無口な男、惚れない女性はいないでしょう。

**プロフィールには1973年3月15日が誕生日になっていますが、これは、住民登録上の誕生日であり、実際は1972年12月15日に生まれたそうです。

日本で、韓流ブームの元祖格であるペ・ヨンジュン(裵勇浚)も1972壬子年生まれです。ペ・ヨンジュンは、現在の演技者よりは事業家に変身した感じがしますね。2018年のキーイースト経営権をSMに譲渡した後、譲渡されたSMの株式がかなり多く、芸能界の代表的な株式の金持ちに選ばれています。

パク・ジュミ(朴珠美)は、50近い年齢にも関わらず、まだ青春スターのような光を発しています。 彼女を近くで見たファンのなかで、顔から放つ光彩を本当に見たという人が、とても多いそうです。

撮影して間もないプロフィール写真ですが、彼女を見て羨ましがる女性がたくさんいるでしょう。
パク・ジュミは、1993年から2000年まで、実に7年間、アシアナ航空の専属モデルとして活動しましたが、本当に客室乗務員なのかと思って飛行機を乗るたびにきょろきょろと彼女を捜す乗客も少なくなかったそうです。

イ・ヨンエの夫である企業家のチョン・ホヨンさんと結婚2日前に、婚約破棄する大型スキャンダルを起こした後、芸能界を引退したシム・ウンハ(沈銀河)、ミスコリア善出身のヨム・ジョンア(廉晶雅)、夫の福があまりないイ・アヒョン***(李雅賢)、賢くしとやかな家庭主婦の役には他の追随を許さなかったチンギョンなどが、1972年に生まれました。

***20代半ば3歳年上の会社員と結婚し、3か月で別居を始め、コメディアンのホン・ギフンと縁を結びましたが、ホン・ギフンの暴力が原因で決別しました。その後、MNピクチャーズのイ・イングァン代表と再婚しましたが、夫が事業に失敗して麻薬に手を出し、また離婚しました。在米韓国人出身の事業家と再婚しました。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-12-26 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄