Q.子年(ねずみどし)の韓国の芸能人は、誰なのか教えてください(8)

답변게시판
A. MINSEO(キム・ミンソ)、Luri(イ・ルリ)、チョンハ(請夏、キム・チャンミ)、チャ・ユンジ、イ・ハイ(李遐怡)、そしてチョン・スンファンには共通点があります。

まあ、大した秘密ではありませんが全員ソロ歌手です。10数年前までは、歌手たちの大半が一人で歌うことがあまり珍しくありませんでしたが、アイドルグループが大半を占める20代前半の歌手たちの一人立ちは簡単ではないです。

チャ・ユンジを除いた全員がオーディション番組を通じて存在を知らせたという点も共通点と言えば共通点です。

B1A4のラッパー、バロ(車善玗)の妹であるチャ・ユンジもKBSで放送されたアイドル再起プロジェクトに出演したため、考えてみれば、全員がオーディション番組と縁を結んだと見るべきです。

SBSの『KPOPSTAR』シーズン4で準優勝し、デビューしたチョン・スンファンは、ユ・ジェハ、イ・ムンセ、シン・スンフン、とソン・シギョンに続くバラードの新興強者と評価されています。『KPOPSTAR』に出演した時の年齢は19歳でしたが、年に似合わない感性と音楽に対する真剣さで審査委員から認められました。オーディション史上初めてMelonチャートで5週間1位、6か月以上チャートインした経歴の持ち主でもあります。

幼い頃に学んだタイの武術ムエタイの実力がすごくて選手として出るほどだったそうです。優れた武術の実力に素晴らしい感性を持っているため恵まれています。チョン・スンファンのInstagramを見ると、直接書いた詩や詩集の文句がよく投稿されるそうです。

MINSEOは『SUPERSTAR K7』のトップ8出身です。

  • 2016『月間ユン・ジョンシン』のミュージックビデオで、モデルのチュ・ウジェと恋人の演技を披露したMINSEO



MINSEOは、長女として生まれ中学校3年生の時に父の事業が失敗し家運が傾いたため、音楽の夢を実現するためにアルバイトを転々としたそうです。高校時代にはガールズグループGFRIENDのシンビ、ウンハと一緒にガールズグループのデビューを準備したこともありますが、自分だけの音楽を追求するために企画事務所を出たそうです。

正式デビューは2018年3月に成されましたが、その前に発売された『月刊ユン・ジョンシン』2017年11月号に収録された『Yes』が出るや否や1位を占めて、デビュー前に1位をした歌手という珍記録を持っています。最近は演技者としても挑戦していますが、2019年に放送されたtvNのドラマ『ちょっと敏感でも大丈夫』シーズン2でカン・ユンジュの役を演じました。

『KPOPSTAR』に出演した当時、イ・ハイの人気はすごかったです。審査委員席に座っていたバク・ジニョンとヤン・ヒョンソクを魅了し、インターネット投票で一度も1位を逃したことがありませんでした。最終的には準優勝でしたが、オーディション番組の出演者のファンサイトの会員が、1万人を超えており、すでにスターだったわけです。
競演が終わった後、審査委員だったヤン・ヒョンソクのYGと契約しましたが、カフェの会員たちは契約した記念に米1.5トンを寄付しました。

イギリスのポップ歌手ピクシー・ロット(Pixie Lott)から自分が歌ったよりも『Mama do』が上手という話を聞いたイ・ハイは、YGの政策によりかなり大きな被害を受けました。デビューは順調でした。2012年11月、SBSの『人気歌謡』でリリースしたデジタルシングル『1.2.3.4』は発売後、25日間Melonで1位になったので、それこそ突風の歌手でした。しかし、YGの政策によって空白期間が長くなり、ただ忘れ去られてしまうのではないかと心配するほどでした。

2019年5月、3年以上の空白期の最後にミニアルバム『24°』をリリースしましたが、YG iKONのメンバーB.I(キム・ハンビン)の麻薬疑惑が提起され、光を見ることができませんでした。ファンは、YGの巣窟から抜け出したイ・ハイが、思う存分技量を披露することを願っています。

『PRODUSE 101』に出演したチョンハは、序盤には認知度の低さで苦戦しました。しかし、回を重ねるたびに卓越したダンスの実力と特有のガールクラッシュの魅力で最終4位になり、I.O.Iのメンバーに抜擢されました。

プロジェクトグループの契約期間が終了した後、2017年『Why Don't You Know』をタイトル曲とするミニアルバムでソロ歌手の活動を開始しました。この歌は一部の音源チャートで1位になり、音楽番組でも1位を争ったので、初のアルバムにしては成績がいいほうです。その後、 リリースした曲もそうそうたる歌手とアイドルグループとの競争で決して引けを取らない、しっかりした成績を見せています。

I.O.I時代、チョンハはあまりにも優れたダンスの実力のため、歌唱力が埋もれてしまった感じがしましたが、今は思う存分自分の歌を歌っています。

チョンハは人見知りもひどくて緊張もするほうですが、親しくなればすごく面白くて可愛いキャラクターに変わるそうです。特に、あわてると犬脚ダンスを踊ったり、腕をパタパタさせたりするなど、全身を使ったジェスチャーと一緒に話すため、ただ話すだけで楽しくなるそうです。

ルリはI.O.Iの代わりにI.B.Iメンバーとして活動しました。最終13位で『PRODUSE 101』を終えながら、1陣には参加できませんでした。

I.B.Iの活動を終えた後、3年間待った末に2019年11月にソロ歌手としてデビューしました。『
PRODUSE 101』に出場した当時、ビジュアル10位になったほど、かわいいルックスを持っていますが、顔を自由に使って親近感あふれる性格で「プンスヒョン」というニックネームも得ました。

当時、一緒に出演した練習生たちは彼女について「もともと変わり者だけど、ますますおかしくなっている」と言いました。仲間とのスキンシップが多く、特に頬を触ることが好きだから、そう言われたのではないかと思います。

ミュージックビデオはもちろんウェブドラマで女性主人公の役を演じましたから、いつかは演技者を兼業することになりそうです。

先立って、簡単に紹介しましたが、チャ・ユンジはWMエンターテイメントでなんと6年間も練習生として過ごしてました。

お兄さんと一緒に撮った写真のおかげで有名になりましたが、アイドルグループのデビューはなくなり、2017年1月「アイ」という名前でデビューしました。デビューアルバム『I Dream』のタイトル曲は『切に望むなら、かなうはず』です。この曲はMelonに57位でチャートインして、Mnetドットコムでは最高3位まで上がりました。

2018年10月WMエンターテイメントと契約を終わらせましたが、最近はたまに演劇女優としても活動中です。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-01-20 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄