Q.子年(ねずみどし)の韓国の芸能人は、誰なのか教えてください(11)

답변게시판
A. 2008戊子年生まれの子は12歳です。まだ中学校にも入学していない子供なのに、もう有名になって芸能人として扱われる子供もいます。

この年に生まれた子供のうち『遊ぼうキュリ』の司会を務めていたキム・ ハンソルちゃんは白血病で9歳で生涯を閉じてしまったのです。

子役俳優としても活躍するキッズクリエーターのナ・ハウンちゃん(2009年1月29日生まれ)は、400万人のチャンネル登録者を持つユーチューバーです。

満ではまだ11歳にしかなっていませんが、参加した作品や出演した番組がとても多いです。2013年、つまり4歳の時から放送(SBSの『驚くべき大会 スターキング』)に出演したため、放送経歴だけで見れば、もうすぐ10年目になります。

『So Special』というアルバムもリリースしましたが、商業問題になったため親が慌ててコメントを書きました。毎日ダンスばかりさせたり、アルバムをリリースするために厳しい練習をさせてもいない、それに今回リリースしたアルバムは決してデビューアルバムではないという内容でした。

子役俳優にはカン・ジウ、キム・シア、キム・ハナ、キム・ハユ、パク・ウンビ、パク・イサヤ、チェ・ミョンビン、チェ・ミンジョン、チェ・スンフン、ハン・ソジン、ホン・ウンテクなどがいます。 パク・ヒョジェ君はモデルの仕事をしています。

この中で注目すべき子役俳優はキム·シアちゃんです。

キム・シアは2018年、映画の『ミス・バック』でデビューしました。この映画の脚本を書いて、メガホンを持った監督のイ・ジウォンは隣に住んでいた子供の話だと話しましたが、日本のドラマ『マザー』の盗作問題からは抜け出せませんでした。そのため、韓国では72万人余りの観客しか集めることができませんでした。しかし、海外では532万ドルを稼ぎ、制作費を除いたとしても残りましたね。韓国より海外での反応はよかったということです。

映画『ミス・バック』は「満15歳以上観覧可」等級になり、熱演を繰り広げたキム・シアちゃんは自分が登場する映画を見に映画館へ行けませんでした。しかし、2019年 第 3 回シャルム・エル・シェイクアジアン映画祭で主演女優賞を受賞したので、残念な気持ちを十分、慰めることができたでしょう。

2019年にも映画『私の家』の主演、『白頭山(ペクトゥサン)』の助演を務め出演しKBSドラマ『パヒューム』でコ・ウォニの子役を務めたりもしました。

カン・ジウちゃんの成長も注目するべきです。

2012年MBCドラマ『メイクイーン』にチョン・ヘウォンの子役としてデビューした以来、毎年欠かさず配役を振られています。チャン・ナラ、キム・テヒ、イ・ヨウォンなどの子役を演じましたが、このまま成長すれば、かなりしっかりした女優として定着するでしょう。

男の子の子役俳優の中ではチェ・スンフン君が目に付きます。

2014年MBCドラマ『ママ~最後の贈りもの~』にユン・チャニョンの子役としてデビューした後、出演した作品が40編近くあります。映画『長寿商会』や『パンドラ』、『チャンピオン』などにも出演しました。

現在放送中のチャンネルAの『タッチ』にもキャスティングされ、1月29日から放送予定のKBSドラマ『フォレスト』でもパク・へジンの子役を担当します。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-01-23 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄