Q.韓国でリメイクした日本のドラマを紹介してください(2)

답변게시판
A. 2018年1月、傷ついた少女を助けるために、彼女の母になろうとした女性の物語を描いたドラマ『マザー~無償の愛~』(以下、マザー)がtvNで放送された。

2010年に日本テレビで放送された『Mother』をリメイクした作品です。チャンネルAで放送されたこともあるし、2016年にはトルコでリメイクした『Anne』が放送されました。2018年3月には韓国語に翻訳された台本が出版されたこともあります。

それほど日本の原作ドラマの人気も高いし、知っている人も多かったということです。原作で養子縁組された子供の道木怜南(リメイク・ヘナ)役の子役の演技があまりにも素晴らしくて、果たして韓国で同じように演技し切れるのかという心配を抱いて、ドラマが幕を開けました。

放送がスタートしてから原作とリメイク作を比較する視聴者たちによって困惑したりもしました。

初回放送から視聴者の反応は交錯し、原作ファンの否定的な反応が多かったです。

特に、児童暴力の度合いが原作とはあまりにも違うという批評が殺到しました。原作では怜南(ホ・ユル)が自宅で経験する暴力が暗示される程度でしたが、韓国版ではホ・ユルが髪の毛を引っ張られ、首を絞めるシーンがそのまま映っていました。

もちろん原作とリメイク作のテーマ設定に少し差はあります。
「母性は女性を狂わせる」というキャッチフレーズに差はありませんが、韓国で脚色されたドラマは時折発生する児童虐待事件にも焦点を当てました。

そうだとしても、ドラマでの暴力シーンがあまりにも過激だという批判は続きました。原作で感じられた「暴力をどのように描写すべきか?」という制作陣の悩みが韓国ドラマにはないように見えるという疑問が提起されるほどでした。

こんな批判にもかかわらず、tvNの『マザー』の人気は調子がよかったです。4%台に迫る高い視聴率が、平昌オリンピックの中継により途中で少し落ちたことはありますが、後半になり4%を優に超えて最終回の視聴率は5.6%を記録しました。

リメイク作であるにもかかわらず『マザー』はその年に百想芸術大賞、作品賞、テレビ部門女性新人演技賞(ホ・ユル)を受賞し、主人公のスジン役を演じたイ・ボヨンはソウルドラマアワーズで女性演技者賞を受賞しました。第1回カンヌ国際シリーズ・フェスティバルでは競争部門で候補作に上がったりもしました。

リメイクで利益を得たからか、tvNは2018年10月にフジテレビが2002年に放送した『空から降る1億の星』を同じタイトルで制作しました。

自分を取り巻くすべてをゲームと考える危険な男キム・ムヨン(ソ・イングク)と彼との愛のために危ないと思いながら跳びこんだ女性、ユ・ジンガン(チョン・ソミン)との愛の物語。キム・ムヨンが殺人容疑者として指名され、刑事ユ・ジングクの対決がドラマに迫力を加えました。

原作とは細かい部分に差はありますが、原作の有名税のおかげか初回で4%の視聴率を記録し、無難な出発をしました。しかし半ば以降2%台に落ち、tvN水木ドラマの高空行進を止めた作品となってしまいました。

それでも日本にDVDを逆輸出して気炎を吐きました。韓国ではあまり人気は得られませんでしたが、原作者が完成度が高いと誉めたこともあるそうです。特にソ・イングクは原作の木村拓哉とは違う魅力をアピールしたと評価されました。

2019年2月に放送されたJTBCの『リーガルハイ』は、同じタイトルのフジテレビドラマ(2012~2014)をリメイクしたドラマです。


原作で画期的なコミック演技でギャグ本能を発揮した堺雅人のお金に対する欲望を堂々と表現する弁護士役はチング、原作で新垣結衣が繰り広げた正義感に燃える弁護士はソ・ウンス(本名:イ・ジョンミン)が演じました。

放映前からキャスティングされた俳優たちが原作の俳優と差があったため、原作を見たファンにはあまり期待感を与えませんでした。特にヒロインを演じたソ・ウンスは、リーガルハイが初主演作品なので原作の風味を生かすことができるのか、かなり心配されました。

裁判で勝つために、あらゆる最低なことをどこまで繰り広げるのか、その場合、韓国の国民感情とマッチするのかも関心の的でした。

『リーガルハイ』の平均視聴率は2.5%でした。原作が18.19%の視聴率を記録した点を考慮すると、低い方です。

原作ファンたちの反応はもっと厳しかったです。制作陣が原作を本当に見たのかという疑念さえ抱かせるほどでした。常識外れの設定、論理のない法曹、万能薬のように浴びせる特定思想、特に「フェミニズムが社会の正義であり、視聴者はこれを受け入れる必要がある」といった展開に憤った視聴者もいました。

『リーガルハイ』の原作ファンを怒らせたJTBCは、日本ドラマをリメイクするうえで一見識のある放送局でもあります。2013年には列をなしてリメイク作品を放送したりしました。JTBCの日本のドラマリメイクプロジェクトは次回、詳しく紹介いたします。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-01-30 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄