Q.日本の漫画を原作にした韓国のドラマを紹介してください(上)

답변게시판
A. 日本の漫画を原作にしたドラマはかなり多いです。以前、紹介した『花より男子』は漫画の主人公たちが出演した作品でした。もしかしたらハンサムな男を意味する「マンチョッナム」という言葉がここから登場したのかもしれません。

日本の漫画を原作とするドラマで注目すべき作品は『シティーハンター』です。

2011年5月25日から7月28日まで韓国のSBSで20部作で放送された、このドラマは日本の漫画家、北條司*が『少年ジャンプ』に連載した作品です。日本の制作者が映像化したがった漫画ですが、韓国のSBSで先にドラマ化したため、それだけでも話の種です。

*北条司は、日本の複数の制作会社からドラマや映画化の提案を固辞してきましたが、韓国に版権を与えました。SBSが提案した提案書に盛り込まれた『シティーハンタービギンズ』を作って誕生過程を追加するなどの斬新なアイディアと原作に対する愛情が感じられたためだそうです。彼はドラマ製作発表会で主演俳優のイ・ミンホに応援メッセージが盛り込まれた絵をプレゼントしました。

SBSがこの作品をドラマ化するまでには、紆余曲折がかなり多かったそうです。版権を買いましたが、同じような雰囲気のドラマ『逃亡者PLAN B』(2010.9)がKBSで放送されていたからです。

元々、脚色を引き受けることにした作家も手を引き、原作の版権期間も切れていく状態でした。

作家もシノプシスもない状態でジンヒョクPDがイ・ミンホに会って見通しもなく出演を勧めたそうです。2人は全く親交のなかった仲でしたが、ジンヒョクPDが演出した『検事プリンセス』を印象深く見ていたイ・ミンホが受諾した後、ドラマ制作が急速に進みました。

作家のファン・インギョンさんを苦労して渉外した後、放送1か月前に撮影を開始することができました。タイでの海外ロケも6日間で終えたそうです。そんな中、制作費が縮小され、借金を抱える状況にまで追い込まれましたが、出演した俳優たちがPDを信じて制作費を自ら削減してくれたそうです。

ドラマを一緒に制作した俳優、演出者、スタッフ、作家の力で水木ドラマの視聴率1位を占められたのだから拍手を受けるべきでしょう。さらに『シティーハンター in Seoul』というタイトルでDVDやブルーレイディスク(BD)が輸出されています。

『シティーハンター』は1992年にジャッキーチェンとワン・ジョヒョンが主役を勤める映画化もされたことがあります。しかし、あまりにもコメディの方に流れてしまい北条司が失望したあまり、その後の映像化を断ったそうです。

SBSドラマは原作とは少し内容が違います。

作品の序盤に登場するラングーン爆弾テロも韓国で実際に起きた歴史的な事件なので、原作では決してないシーンです。

イ・ミンホがインタビューで「このドラマは『シティーハンター』のプリクエル(Prequel)のような作品だ」と言及しましたが、韓国では通用しにくい原作内容を調節したドラマです。 原作とは逆の人物設定を見せたりし、一部のファンは「なぜ版権を買ったのか?」と疑問を示しました。

社会批評ドラマとしてかなり好評を得ていますが、制作期間も短く制作費も足りなかったため歴史的事件の考証や社会的イシューを扱い、これを解決する過程があまりにも幼稚で非現実的という指摘を受けました。残念な点です。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-02-05 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄