韓国の若手リーダー、一堂に集まり新年会


  • 一堂に集まった4大グループの総帥。2日午前、ソウル市汝矣島の中小企業中央会で開かれた「2019己亥年新年会」に参加した李在鎔(イ・ヂェヨン)サムスン電子副会長、崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長、鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車グループ上級副社長、具光謨(ク・グァンモ)LGグループ会長など、4大グループの総帥が一堂に座って談笑している。グループごとに世代交代が行われた後、4大グループのトップがすべて公式行事に参加したのは今回が初めてだ。 キム・ヂェフン記者



「世界的な景気減速、G2(米中)貿易戦争、保護貿易主義の拡散、4次産業革命、最低賃金引き上げ、週52時間労働、強性労組の経営圧迫...」。2019年の韓国経済を押さえつけている大型の変数だ。財界はこのように不確実な経営環境の中で、薄氷の上を歩くように慎重に新年を迎えた。

主なグループの総帥と最高経営責任者(CEO)は2日、新年の辞を通じて激しいグローバル競争の中で時代の流れについて行けず安住すると、いつでも空中分解するという危機意識を果敢に語った。これらの難局を突破するためには、絶え間ない挑戦と革新に取り組まなければならないという注文だ。

特に長期不況局面へ入ったこと既成事実化して、腰のベルトを引き締めると強調した。最近の若いリーダーシップに世代交代が進んでいる4つのグループは、切迫さはさらに目立った。新年に新しい事業を必ず見つけることによって、将来の新産業を先取りし、持続可能な成長を追求するために戦力を注ぐという計画だ。

金奇南(キム・ギナム)サムスン電子副会長はこの日、水原の「サムスンデジタルシティ」で開かれた仕事始めで持続的な成長基盤の構築を強調し「法古創新」という四字熟語を引用した。古きに基盤を置き、それを変化させることを知って新しいものを作るが、しかし根本を失ってはならないという意味だ。

キム・ギナム副会長はサムスン電子創立50周年に言及して「10年前の世界経済危機を克服し、世界的な情報技術(IT)企業に跳躍したように、今年は超一流・超格差100年企業に跳躍する契機を整えよう」と述べた。続いて「次世代製品と革新的技術で新成長事業を積極的に育成し、建設的な失敗を奨励する企業文化と新技術の果敢な挑戦・投資で、未来への持続成長の基盤を構築しなければならない」と強調した。

鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車グループ副会長は昨年9月、グループ経営に責任を持つ総括首席副会長に就任した後に初めて統合始業式を主宰した。チョン・ウィソン首席副会長はこの日、新年の挨拶で変化と革新を注文した。

チョン首席副会長は「今後は自動車製造業の追撃者のひとついではなく、革新的なアイデアで市場の支配権を主導していくゲームチェンジャーに跳躍する」と宣言した。また「日常から心を開いて、お互いの相違の価値を尊重し、新しい試みと異質との融合を楽しんでほしい」と要請した。これとともに「失敗からの教訓を成長の動力とする文化に転換していかなければならない」と強調した。チョン首席副会長は最近、四ヶ月間の刷新人事と新規投資などを断行しながら幅広い歩みを続けている。

崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長は、今年の仕事始めを会長の一方的なメッセージ伝達方式ではなく、主要関連会社のCEOがパネルとして参加する大胆な形にする破格を見せた。チェ会長は対談が終わったまとめの発言を通じて、厳しい経済環境の中で社会とのより大きな幸福を作っていくSKならではの価値を強調した。これとともに、「社会的価値(SV)を通じたビジネスモデル(BM)の革新とグローバル成果の創出など、国内外の経営環境の変化に迅速に対応していかなければならない」と強調した。

具光謨(ク・グァンモ)LGグループ会長はこの日、就任後で初の始業式で顧客という単語を総30回言及するほど、顧客価値の創造の重要性を力説した。始業式の参加者は既存の副会長・社長団をはじめとする400人の幹部だけでなく、生産職と研究職などの従業員を含めて800人に増えた。ク会長の経営哲学を従業員と共有し、これを対外的に公開する最初の場だった。

ク会長はLGだけの真の顧客価値の3つの基準に、△顧客の生活を変えることができる感動を与えるもの、△他人より先に与えること、△1~2回ではなく継続して生み出すことなどを提示した。ク会長は「今こそ私たちの中にある顧客のための価値創造の基本精神を再覚醒させ、さらに発展させるとき」だと語った。

主要グループの総帥らもマイナス成長の可能性に対する緊張を緩めていない。

辛東彬(シン・ドンビン)ロッテ会長は「今まで経験したことがないほど新たなリスクの前に立っている」としながら現実を直視した。それとともに「持続可能な成長のために、ビジネス転換(Business Transformation)を成し遂げよう」と注文した。シン会長は「現在の私たちの戦略を見直して、新たな戦略と具体的な実行計画を立てなければならない」とし、「この過程で私たちの顧客との価値の再定義が必要になることもある」と述べた。

崔正友(チェ・ヂョンウ)ポスコ会長は「乗風破浪の精神で今年一年を力いっぱい精進しましょう」と呼びかけた。これは「遠大な意志を成すために、風に乗って波をかき分けていく」という意味で、世界的な景気低迷と貿易戦争の中でも賢く乗り越えていこうというチェ会長と役職員の覚悟がこめられた。チェ会長は今年の経営戦略基調として、△プレミアム鉄鋼製品の販売拡大とコスト削減を通じた収益性の向上、△非鉄鋼事業の事業移転と特化事業の育成、△二次電池材料の成長加速などの3つを提示した。

許昌秀(ホ・チャンス)GSグループ会長は、新年の経営方針として「模倣できない差別化した競争力確保」を語った。ホ会長は「今のやり方や慣行を当然のことと思わずに、新しい視点と方法で接近してみるべき」だとし、「私たちの製品やサービスが近づきつつある未来にも差別化した価値を顧客に提供できるかどうかを冷徹に見なければならない」と指摘した。

金升淵(キム・スンヨン)ハンファグループ会長は、「全く無関係だと思っていた分野での変化が、瞬時に私たちの主力事業を津波のように襲うことが起きる時代になった」と診断した。それとともに「競争力のあるグローバル事業を拡大し、外部招聘などの特級人材の確保に総力を傾け、コンプライアンス経営を強化する」と述べた。

鄭溶鎭(チョン・ヨンヂン)新世界グループ副会長は「中間はない(There is no middle ground)」を新年の経営話題として発表した。顧客に歓迎されず、どこにも属していない中間は、けっきょく熾烈な競争で淘汰されるという意味だ。チョン副会長は「私たちが作るスマートな超低価格は今日明日にできるものではなく、中長期的な旅になるだろう」と予想した。

朴廷原(パク・チョンウォン)斗山グループ会長は、新事業をスピーディーに育てると述べた。全社的に展開されている「デジタル変換」に対しても、速度を高めることを要請した。
  • 毎日経済_イ・ハンナ記者/カン・ゲマン記者/ムン・ヂウン記者/チョン・ギョンウン記者
  • 入力 2019-01-02 20:37:37.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved