文政権、外交安保ラインの次官「入れ替え」


文在寅(ムン・ヂェイン)大統領は23日、外交部第1次官にチョ・セヨン国立外交院長(58)、国防総省次官にパク・チェミン国防総省電力資源管理室長(52)、統一部次官にソ・ホ青瓦台統一政策秘書官(59)を抜擢するなど、9つの部処の次官級人事を断行した。

保健福祉部次官にキム・ガンリプ福祉部企画調整室長(54)を、農林畜産食品部次官にイ・ヂェウク農食品部企画調整室長(56)を、国土交通部2次官にキム・ギョンウク国土部企画調整室長(53)をそれぞれ昇進任命した。行政安全部災害安全管理本部長にキム・ギェヂョ行政安全部災害管理室長(55)を、科学技術情報通信部科学技術革新本部長にキム・ソンス韓国化学研究院長(58)を、金融委員会副委員長にソン・ビョンドゥ金融委事務局長(55)を抜擢した。

コ・ミンヂョン青瓦台報道官はこの日のブリーフィングで、「内部の人士を多く抜擢したのは、ムン・ジェイン政府の国政課題を正確に知っており、それを実現させる適任者と判断したため」だとし「このような専門性のある方々を次官級に抜擢した」と説明した。

今回の人事でムン・ジェイン政府発足から勤務して、勤務期間が2年を超えた次官6人がすべて交代した。特に今回の人事では、対北政策を担当してきた外交安保分野の核心部処の次官がすべて入れ替わった点が目を引く。
  • 毎日経済_パク・ヨンボム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-05-23 20:42:49.0