[全文] 文大統領「挑戦を機会に跳躍…日本に打ち勝てる」


文在寅(ムン・ヂェイン)大統領は2日、日本政府が輸出手続きの簡素化のメリットを認める「ホワイト国」リストから韓国を除くことに対し、「今の課題をチャンスと思い、新たな経済跳躍の契機とすれば充分日本を乗り越えることができる」と述べた。

文大統領はこの日午後、青瓦台(大統領府)で日本の2次経済報復への対応策を整えるための緊急国務会議を主宰した席でこのように明らかにした。

文大統領は「国民の偉大な力を信じ、政府が先頭に立つ」とし、「挑戦を成し遂げてきた勝利の歴史を、国民とともにもう一度作る」と付け加えた。

◆ 以下は文大統領の緊急国務会議の冒頭発言

非常な外交・経済状況に対応するために、緊急に国務会議を招集しました。

今日の午前、日本政府は韓国をホワイト国から排除する決定を下しました。

問題を解決するための外交的努力を拒否し、事態をさらに悪化させる非常に無謀な決定で、深い遺憾を表します。

外交的解決策を提示して、行き止まりの道に進むくことをいましめ、問題解決のために頭を突き合わせようというわが国政府の提案を、日本政府はついに受け入れませんでした。

一定の期限を定めて現在の状況をこれ以上悪化させず、交渉する時間を持つことを促す米国の提案にも応じませんでした。

わが政府と国際社会の外交的解決の努力を無視し、状況を悪化させてきた責任が日本政府にあることが明らかになった以上、これから繰り広げられる事態の責任も全的に日本政府にあるという点を明確に警告します。

どのような理由で弁明したとしても、日本政府の今回の措置はわが国の大法院の強制徴用判決に対する明白な貿易報復です。

あるいはまた「強制労働の禁止」と「三権分立に基づいた民主主義」という人類の普遍的価値と国際法の大原則に違反する行為です。

日本がG20会議で強調した自由貿易秩序を自ら否定する行為です。

個人請求権は消滅していないと、日本政府自身が明らかにしてきた過去の立場とも矛盾します。

私たちがより深刻に受け入れるべきことは、日本政府の措置がわが国の経済を攻撃し、わが国の経済の未来成長を妨げる打撃を加えるという明確な意図を持っているという事実であります。

わが国と最も近い隣人であり、友邦として考えてきた日本が、そのような措置を取ったことは全くの失望であり残念に思います。

日本の措置は両国間の長年の経済協力と友好協力関係を毀損するものであり、両国関係に対する重要な挑戦です。

あるいはまたグローバルな供給網を崩し、世界経済に大きな被害を及ぼす利己的な迷惑行為であり、国際社会の指弾を免れないでしょう。

日本の措置によってわが国の経済は厳しい状況で困難が加わりました。

しかしわれわれは再び日本に負けることはないでしょう。

私たちは多くの逆境を乗り越え、今日に至りました。

少なからぬ困難が予想されますが、わが国の企業と国民にはその困難を克服する能力があります。

過去にもそうしてきたように、私たちは逆境をむしろ飛躍する機会として作ることになります。

政府も素材・部品の代替輸入先と在庫物量の確保、源泉技術の導入、国産化のための技術開発と工場の新・増設や金融支援など、企業の被害を最小限に抑えるためにできる限りの支援を行います。

さらに一歩を進めて、素材・部品産業の競争力を高め、再び技術覇権に振り回されないことはもちろん、製造業強国の地位をさらに高める契機といたします。

政府と企業、大企業と中小企業、労と社、そして国民が一緒に力を集めたならば充分こなすことができることです。

政府がわが国の企業の力量を信じて、自信を持ってともに団結してくださることを国民に訴えます。

一方で、決して望まなかったことですが、政府は日本の不当な経済報復措置に対して相応する措置を断固として取っていきます。

よしんば日本が経済大国であっても、わが国の経済に被害を与えようとするならば、われわれもまた正面対応できる方法を持っています。

加害者である日本が居直りでむしろ大声をあげる状況を決して座視しません。

日本政府の措置の状況に応じて、私たちも段階的に対応措置を強化していきます。

すでに警告したように、私たちの経済を意図的に打撃すれば、日本も大きな被害を甘受しなければならなりません。

政府は今も対応と正面対決の悪循環を望みません。

停められる道はただ一つ、日本政府が一方的で不当な措置を一日も早く撤回し、対話の道に出てくることです。

韓国と日本、両国間には不幸な過去の歴史に起因する深い傷があります。

しかし両国は長いあいだその傷を縫い薬を塗り、包帯を巻いて傷を癒そうと努力してきました。

ところが今になって加害者である日本が、むしろ傷をひっかきまわすならば、国際社会の良識が決して容認しないことを、日本は直視することを望みます。

国民の皆さんにも申し上げます。

私たちは今年は特別に3・1独立運動と臨時政府樹立100周年を記念して、新しい未来100年を約束しました。

力で相手を制圧していた秩序は、過去の遺物に過ぎません。

今日の大韓民国は過去の大韓民国ではありません。

国民の民主的な力量は世界最高水準であり、経済も比類なく成長しました。

いかなる困難も充分克服する底力を持っています。

すぐには困難があるでしょう。

しかし挑戦に屈したならば、歴史は再び繰り返されます。

今の挑戦をむしろ機会と思い、新たな経済跳躍の契機とするならば、私たちは充分日本を勝ち抜くことができます。

わが国の経済が日本経済を超えることができます。

歴史に近道はあっても省略はないという言葉があります。

いつかは越えなければならない山です。

今この場でとどまっていては永遠に山に登ることはできません。

国民の偉大な力を信じ、政府は率先していたします。

挑戦を勝ち抜く勝利の歴史を、国民とともにいま一度作ります。

私たちは成し遂げることができます。

政府の各部処も、企業と困難をともにするという非常な覚悟で臨んでいただけることを望みます。
  • 毎日経済_デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-08-02 14:16:33