「恨み節」日本産ビール…10月の対韓輸出「ゼロ」


日本政府の韓国輸出規制の影響で、日本のビール業界が最も大きな打撃を受けたことが統計データを通じていま一度確認された。日本政府の輸出規制によって韓国消費者の不買運動が起こるまで、韓国は日本のビール業界の最大の海外市場だった。昨年の国別ビール輸出ランキングで、韓国は約60%を占めて1位に上がったこともあるが、最近ではそもそも輸入すらほとんど無い状態だ。

日本の財務省が28日に発表した10月の品目別貿易統計によると、ビールの対韓輸出の実績が数量と金額の両方で「ゼロ(0)」となった。昨年10月の実績は金額ベースで8億34万円(約86億ウォン)だった。

日本産ビールは日本政府が7月に半導体とディスプレイの核心素材3品目に対する輸出規制を開始した後、韓国消費者の不買運動のターゲットに浮かび、市場ではほとんど売れない商品に転落した。

この影響で昨年9月、韓国への輸出実績が前年同月と比較して99.9%激減した58万8000円(約630万ウォン)まで落ちたし、10月にはそもそもゼロ水準になったわけだ。

一方、去る7月から日本政府の対韓輸出規制品目となった半導体洗浄剤であるフッ化水素の10月における韓国の輸出額は、前年同期(7億510万円)に比べて94.2%減った4063万円となった。

日本企業のフッ化水素の対韓輸出の実績は、件別に承認を受けることにした規制が施行されてひと月経った去る8月に「ゼロ」に低下したが、9月には372万円を記録した。

共同通信は10月の実績が9月より増えたのは、日本政府の許可手続きが進行したためと見られると分析した。

去る10月の一ヶ月間、日本の全韓国輸出額は3818億円(約4兆1千240億ウォン)で、前年同期よりも23.1%減少した。この減少幅は9月(-15.9%)よりも大きくなったもので、日本製品に対する不買運動が影響を及ぼしたものと分析される。
  • 毎日経済デジタルニュース局_イ・ミヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-11-28 15:58:10