ピットゥ(ビットゥー):빚투

답변게시판
解説 ハングル: 빚투

ハングル発音:ピットゥ(ビットゥー)

意味: 芸能人など有名人の家族が詐欺を働いたりお金を返さないなどで、物議を醸したという疑惑が事実として明らかになりながら触発された社会現象

解説:借金(빚)とtoo(투)を合わせた言葉。

芸能人など有名人の家族が詐欺を働いたりお金を返さないなどで、物議を醸したという疑惑が事実として明らかになりながら触発された社会現象。Me Tooと展開過程が似ている。

両親が作った借金を子供が返す義務があるのだろうか?

法的には義務がないと見るのが正しいだろう。しかし金を貸した人の立場からすれば、悔しくて仕方がない。子供がスターだとあちこちに自慢をしておいて、スターの両親だからお金を返さないことはないだろう、そう思ってお金を渡したが返そうとしなければ腹が立つだろう。

お父さん、お母さんが詐欺を働いたことを知ってるのか、知らないのか、テレビ番組に出演して笑って騒ぎながら、偉そうに振る舞う姿を見れば我慢できないだろう。

もちろんビットゥーの展開過程を見るとケースごとに事情は違う。スターになる遥か前、まだ学校に通ってた時に両親が借りた借金を返せという場合もあるし、スターになった後子供を利用して詐欺行為を行った両親もいる。縁を切った父親が続けて自分の名前を利用してお金を借りまくったせいで、苦労ばかりした芸能人もいる。

両親の借金を子供が返す義務はない。ただし相続することになる場合、債務まで相続を受けることになるので、借金を抱え込むことがある。相続を放棄すれば財産を受け継ぐことができないが、両親の借金からは解放される。そしてお金をいっぱい借りた後、あちこちに隠しておいて「私はお金がない、どうにでもなれ」と言う人があまりにも多いので、隠したお金を子供に譲ったのではないか、という疑いもなくならない。

俳優イ・ビョンホンは父親が事業をして10億ウォンを越える借金を残して他界したため、お父さんの名誉を守るためにお父さんの借金を受け継ぎ3年で清算したそうだ。巨額の借金を返すために問題集の広告モデル、ナイトクラブのイベントなどあらゆることをしたそうだ。

ビットゥーはラッパーのMicrodotの両親に金銭的な被害に遭ったという人の文が拡散しながら始まった。被害者は以前も、あちこちに文を載せたが話題にならなかった。しかし、Microdotが『都市漁師』、『私は一人で暮らす』などのバラエティ番組に出演して大衆的人気を得たため、人気とともに父親の借金も浮び上がってしまったのだろう。大衆の注目を浴びたせいで起きた副作用としておこう。

* Microdotの両親は1998年5月頃、忠清北道(チュンチョンブクト)堤川(チェチョン)の村の人々から20億ウォンの詐取を働いた後、ニュージーランドに逃走した事実が確認されたが、Microdotと実兄Sanchezも現在は潜伏してしまった状態だ。
  • Lim, Chul
  • 入力 2018-11-30 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄