クキヨンサン(クッキー映像):쿠키영상

답변게시판
解説 ハングル: 쿠키영상

ハングルの発音:クッキーヨンサン

意味: クッキー映像

解説: 映画が終わってエンディングクレジット(Ending Credits)を見せた後に出てくる少し短い映像。

映画が終わってエンディングクレジット(Ending Credits)を見せた後に出てくる少し短い映像。 作品の撮影中に出来たエピソードや、出演陣の感想、そして後続作に対する紹介などが含まれている。

映画『アイアンマン(Iron Man)』を知っているだろう。

世界最大の軍需産業を運営してゲリラに捕えられて死にそうになったが生き延び、ヒーローとして生まれ変わったトニー・スターク(Tony Stark. Robert Downey Jr)の話。

映画が終わって観客が席を立つ頃、映像が続く。

英雄生活を終えて家に帰ってきたトニー・スタークの前にニック・フューリー(Nick Fury)が登場する。

「世の中にスーパーヒーローが君しかいないと思っているのか?君はより巨大な世界の一員になったんだ」
「あなたは誰だ?」
「ニック・フューリー、S.H.I.E.L.D.の局長さ」

こういうのがクッキーヨンサンだ。

マーベル・シネマティク・ユニバースの作品を見る観客はエンディングクレジットが終わっても席に座っている。

もうすぐクッキーヨンサンが始まる番だから。

この会社の作品の中でクッキーヨンサンがなかったことはない。『ソー:ザ・ダーク・ワールド(Thor:The Dark World)』等いくつかの作品はクッキーヨンサンが二つも出てきたりもする。

韓国の映画の中にはチュ・ホミン画伯の漫画を映画化した『神と一緒に:罪と罰』がクッキーヨンサンを見せてくれた。

映画鑑賞の感想には「クッキーがあるので最後まで見て行きなさい」という忠告も記されていたそうだ。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-01-03 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄