オッパガホラッカンペミニズム:오빠가 허락한 페미니즘

답변게시판
解説 ハングル: 오빠가 허락한 페미니즘

ハングルの発音: オッパガホラッカンペミニズム

意味: 彼氏が許したフェミニズム

解説:

普段はフェミニズムに少しも関心を示さないが過激な方法を動員するので、その時初めて「そのような過激な行動を取るフェミニズムは俺は許さない」というように反応した様子を皮肉る談論。男たちの許諾とは関係なくフェミニズム運動をしようという意味が含まれている。

去る2017年4月、慶煕(キョンヒ)大学のある建物の階段を撮った写真だ。この写真を載せた投稿者は「自分の目を疑って一気に階段を上がった。フェミニズム、僕は好きだ。でもあれは、静かに学校に通う男子学生が授業を聞くために常に上り下りする階段に何をしているんだ?男ども、私と戦おうという意味なのか?」という問いを投げかけた。

彼はまた「あれは性別を離れて、語調からケンカを売ってるようにしか感じられない。同じ話をしても優しく話せるのに、なぜあのように学生たちの心を不便にするのか分からない」と付け加えた。

投稿者の文は即に反発を買った。

「文面の中で、どの部分が不当で正常でないか情報提供した学生が誰なのか気になる」として「どの部分が正常じゃないのか?あの文面の中で間違った話は一つもないようだ」というコメントが綴られた。

階段に貼られた文面に不便さを感じて「優しく話なさい」という要求自体が、「彼氏が許す程度のフェミニズム運動をしろと言っているのと同じだ」という反論だ。

男女間の賃金格差、中絶拒否政策に対する露骨な不満を表示したこと自体が「彼氏が許したフェミニズム(オッパガホラッカンペミニズム)」だろう。

階段の一段ごとに人を気まずくさせるステッカーは不満を感じるだろうが、それでも窓を割って火を付ける* よりはマシだろう。

* 彼氏が許したフェミニズムの代表的な例。映画『サフラジェット(未来を花束にして)』で女性参政権運動の先頭に立った労働者の妻「モード・ワッツ(キャリー・マリガン)」が言った言葉。私たちは窓を割って火を付けよう。戦争は男たちが聞き入れる唯一の言語だから。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-02-15 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄