モディシュモ:모디슈머

답변게시판
解説 ハングル: 모디슈머

ハングル発音:モディシュモ

意味: 製品に書かれている使い方や、慣習的な方法から脱皮し、自分だけのやり方で製品を活用する体験的消費者。

解説:

Modify + Consumerの合成語。製品に書かれている使い方や、慣習的な方法から脱皮し、自分だけのやり方で製品を活用する体験的消費者。Cresumer(creative + consumer)の一例。

モディシュモの事例を簡単に見つけられる場所はどこだろうか?
そうだ。チャパゲティとノグリを一緒にゆでて食べるチャパグリ。

チャパグリ愛好家のおかげで韓国のラーメン市場に地殻変動が起こった。
アナウンサーのキム・ソンジュが息子にチャパグリを作ってあげた2013年、チャパグリは上半期だけで725億ウォンぐらいの売上を記録した。チャパグリは農心(ノンシム)のラーメンブランドの中で、安城湯麺(アンソンタンミョン)を抜いてナンバー2のブランドになった。

料理をするのも面倒だし、高価な食べ物を買って食べる財政状況にもならない貧しい一人暮らしの人たちは、あれこれと工夫をし始めた。
何を混ぜて食べれば、一味違った味を楽しむことができるのだろうか。
ノグリにトッポギを入れてみたり、オジンオチャンポン(イカのちゃんぽん)やチャパゲティ(オパゲティ)を一緒に入れたり、一番よく売れている辛ラーメンとチャパゲティ(シンパゲティ)を一緒に鍋に入れたりした。これも面倒くさいと言って、沸騰したお湯を注いで食べるカップラーメンもペアを組み始めた。

ラーメンの種類を交ぜるだけで終わり?そんなはずはないだろう。他の飲み物や簡便食品に目を向けた。普通は、牛乳と一緒に食べるシリアルもヨーグルト、クリームスープ、サラダ、果物と一緒に食べる。チムタク(鶏肉の蒸し煮)にコーラを混ぜて食べるモディシュモもいる。

こうやって混ぜて食べてみたら、意外とおいしいよ~!
そしたら、直ちに行動に移す。SNSを通じて自分の業績を誇るのだ。SNSを通じてレシピが広がるとテレビに出るようになる。そして、万人が共有するレシピとして一般化するわけだ。

ホッケス(ケンポナシ茶)を利用して二日酔い解消の飲み物を作って飲むモディシュモのアイデアが公開されると、CJ第一製糖はこれを活用したマーケティングを展開した。最初から、モディシュモのレシピを持ってきて、製品を作るメーカーもある。

しかし、農心はモディシュモの震源地とも言えるチャパグリを製品化するつもりはないようだ。
ただ置いておいても、チャパゲティはよく売れるのに、無駄なことをしてもしかしたら?を作る理由はないのだろう。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-08-13 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄