モテマルム:모태마름

답변게시판
解説 ハングル: 모태마름

ハングル発音:モテマルム

意味: 食べ物をたくさん食べて、運動量が多くないにも関わらず筋肉や体脂肪が増えない特異体質

解説

食べ物をたくさん食べて、運動量が多くないにも関わらず筋肉や体脂肪が増えない特異体質。主に女超コミュニティで使われる用語。このような体質の人を「ミョルチ」と呼んだりもする。

学生時代、骸骨とからかわれた友達がいた。
身長はかなり高い方だが、見た目は骨だけが残ってるような感じだった。

当時も太っているよりは痩せてる方がいいと思っていたが、その人は少しひどかった。
友達は別に好き嫌いもなかった。食事の量も多いし、あれこれ目に入る物を食べても太らないのだ。それなのに、どうやって背は伸びたのか?

たまに「お前、病気じゃないのか?」と聞く友達もいたが体に異常はないため、おそらく病院の近くにも行ったことがないと思う。

太らない体質は少なくとも20歳前までは女性より男性が多いようだ。女性の場合、子どもを妊娠することに備えて生まれつき皮下脂肪が厚く、体重に比べ筋肉量が女性より男性が多く基礎代謝量が高いからだろう。

同じ体重なら男の基礎代謝量が100~200カロリー多いと言われる。あまり大きな差はないが、これが積み重なれば太ることに影響を与えるということだ。

年を取ってもモテマルムが維持されるなら、痩せるために心配ばかりしてる人々にはうらやましいかぎりだ。
「あんなに食べても細いなんて、反則ですよ」

もしかしたら本当に病気にかかっているのかもしれない。

日本の漫画『スーパードクターK』にアイドルの少女が、ある日からモテマルムになったと思って喜んでいたが、後で確認したところ、ものすごい大きさの寄生虫に感染したというエピソードがある。

胃下垂になっている可能性もある。「食べても太らないから祝福された病気だ」と羨ましがる人もいるだろうが、とんでもない。太らないだけで消化不良による慢性疲労など、様々な病気に包まれて 暮らしている。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-01-30 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄