記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > マーケット

サムスン電子とLG電子、世界のテレビ市場を「掌握」


    今年の第3四半期まで、サムスン電子とLG電子は高級製品で世界のテレビ市場を攻略し、日本と中国企業との格差を昨年よりも広げている。しかし第3四半期だけを見れば、中低価製品を前面に出した中国企業が販売数量で善戦してシェアを引き上げ、韓国は小幅で減少したことが分かった。

    22日、グローバル市場調査会社であるIHSマキトレポートによると、今年の第3四半期の売上げを基準にした市場シェアで、サムスン電子は28.4%でLG電子は15.4%を記録してならんで1・2位を占めた。このシェアは前期と比較すると、それぞれ1.3%ポイントと1.7%ポイント下がったものだ。

    サムスン電子は売上高を基準にして、2006年の第3四半期以来の49四半期連続で1位を占めた。日本のソニーは9.5%で3位を記録し、中国のTCL(6.7%)やハイセンス(6.5%)などが続いた。 TCLとハイセンスのシェアは前四半期との比で、それぞれ1.2%ポイントと0.6%ポイント上昇した。電子メーカーの関係者は、「中国企業が中・低価格モデルを中心に物量を注ぎこみ、シェアが上がったものと見られる」とし、「韓国企業は収益性を重視して、プレミアム製品に集中している」と説明した。第3四半期のテレビ市場の規模をみると総270億7780万ドル(30兆5708億ウォン)で、1年前の211億9200万ドル(23兆9257億ウォン)よりも27.8%も急増したことが分かった。

    第3四半期だけを見れば韓国企業のシェアは減少したが、1~3四半期の累積では昨年よりも改善した。 1~3四半期までの累積シェアでは、サムスン電子は28.9%で前年の年間シェア(26.5%)よりも2.4%ポイント上昇した。 LG電子も同じ期間に16.8%で、2.2%ポイント増加した。一方、3位のソニーは9.6%で0.6%ポイント小幅で下落し、中国企業ではTCLが6%と同じで、同じく中国のハイセンスは5.9%で0.2%ポイント下落した。

    第1~第3四半期のサムスン電子とLG電子を合わせた「チームコリア」のシェアは45.7%で、市場の過半に近づいている。これは2016年の41.6%(年間)と2017年の41.1%から大幅に増加した数字だ。反面で、ソニーとパナソニックやシャープを合わせた「日本チーム」のシェアは2017年の16.2%(年間)から2018年には15.9%(1~3四半期)に下がり、TCLとハイセンスそしてスカイワースを合わせた「中国チーム」もまた同じ期間に15.9%から15.1%に下落した。

    韓国の売上げシェアが上昇して、日本と中国が下落した背景には、テレビ市場がますます高価格・低価格市場に二分されているためとみられる。実際に、今年の第3四半期の世界テレビ出荷台数は5496万1000台で、前年の同じ四半期の5489万5000台に比べて0.1%の増加にとどまった。

    これは高価な製品を中心とした韓国のブランドテレビが人気を享受したという傍証だ。サムスン電子とLG電子がこの市場でも「超格差」戦略を通じて、競合他社を圧倒したという分析だ。

    LG電子は2013年、最初のOLEDテレビを量産・販売した。当時、年間4000台に過ぎなかったOLEDテレビの販売台数は、昨年は159万台で4年めで約400倍に成長した。 IHSマキトは、2022年にはOLEDテレビの市場は年間935万台にまで成長すると展望している。 LG電子はこれにとどまらず超プレミアムブランド「LGシグネチャ」などで、OLEDテレビ市場で最高級のブランドイメージを拡大している。サムスン電子はフルHDテレビよりも鮮明な量子ドット発光ダイオード(QLED)テレビを前面に出して、プレミアム市場を攻略したことが功を奏したという評価だ。特にサムスン電子は1台当たり2500ドル以上の超高価格市場で第3四半期のシェアが48.2%に達し、75インチ以上の超大型市場では54.1%を占めた。

    ただし、韓国テレビメーカーが高級市場を集中して攻略しているあいだに、低価格市場を中国などの後発国が物量で浸透していることが分かった。これは販売台数の減少に現れている。販売量を基準にして見ると、サムスン電子の第3四半期累計の市場シェアは18.5%となった。もしも今年のシェアが20%を超えられなければ、これは2011年以来で7年ぶりに初めてだ。業界関係者は「韓国の世界テレビ市場での地位は当分のあいだ続くものと見られる」とし、「サムスン電子とLG電子が超高画質の8K技術と、人工知能(AI)などの革新的技術との融合で先行して、競合他社との格差を広げている」と説明した。
  • 毎日経済_キム・ギュシク記者/イ・サンドク記者/チョン・ギョンウン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2018-11-22 19:33:36