記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 総合

韓国「定年論議」…高齢者の年齢基準はバラバラ

  • 去る21日、最高裁は肉体労働者の可動年限(人が仕事をして収入が発生しうる最後の年齢)を60歳ではなく65歳と見ることが合うという判決を下し、定年延長と高齢者の基準変更議論が再点火した。産業化で定年の概念ができて経済活動人口と引退階層に二元化されたことに続き、医療技術の発達で平均寿命が急激にのびて、高齢者の基準をめぐる基準はまさに「カオス(chaos・混沌)」局面だ。毎日経済はこのような状況を詳しく探って見るために、国内の産業現場と政策当局、保険市場などの各分野で通用しているさまざまな年齢基準(満を基準に)を調べた。

    ソウル大学西洋史学科のアン・ビョンシク教授は、「近代化以前の農業社会では引退がないので、高齢者を個別に分類して異なる集団に規定する必要がなかったが、19世紀以降に職業の定年が生じて福祉制度が発達して高齢者の概念が本格化した」とし、「高齢者を分類することはその始まりからとても不自然な行為であり、経済的・社会的必要性に応じて基準が敏感に調整されるのはきわめて自然なことだ」と説明した。

    最近、最高裁が肉体労働者の稼働年数を65歳と判断したことが大きな変節点になったことは事実だ。とは言え、ほとんどの労働者が働く民間企業・公企業での定年は、法定定年を規定した雇用上の年齢差別禁止法に基づいて60歳だ。仕事を終えたら若かったときに稼いだ集めた金で国が与えるものが年金だ。問題は年金の支給時期が定年からますます遠ざかっているという点だ。代表的な老後年金である国民年金は62歳から支給される。 2年間の「所得の空白」が発生することになる。このような空白期間は2033年までに、段階的に5年ほどにひらく。国民年金の受給開始年齢が徐々に65歳に、上方修正されるからだ。低所得の高齢者に個別に与える基礎年金の支給開始年齢は65歳だ。

    一方、いわゆる「逆モーゲージ」と呼ばれる住宅年金は、60歳(夫婦のうちの年長者の基準)から加入することができる。高齢者の年齢基準が千差万別なのは、住宅分譲と各種保健・福祉などの他の分野でも同様だ。高齢者や青壮年を分ける基準が分野別に異なる程度では終わらず、分野の中でもまちまちだというわけだ。

    例えば民間分譲マンションの請約資格も、60歳と65歳という二つの基準が混在している。国土交通部は、同じ世帯をなす構成員全員が無住宅者である世帯主に有利な申し込み機会を提供するが、子供と一緒に暮らす60歳以上の高齢者が保有している住宅は無住宅世帯とみなす。

    一方で、老父母を扶養する青壮年の家長に付与される特別供給優遇での老父母の基準は「65歳以上」でさらに厳密だ。ファン・ユンオン国土交通部住宅基金課長は、「直系尊属が住宅を保有している場合でも無住宅者として認められる年齢を60歳以上に定めたのは、子供たちの経済力を基準にしたため」だとし、「この時に子供の年齢がだいたい30歳になって、経済的に独立した状況を想定したものだ」と説明した。民間分譲の老父母扶養者のための特別供給では、「経済的能力がないと判断された一般老齢基準である65歳以上を対象にしたものだ」とした。長期療養保険の申請対象やインプラント施術の健康保険の適用対象は65歳以上だ。高齢者のインプラントに対する健康保険は、当初は財源不足を理由に75歳以上に対象を限定したが、段階的に財源が確保されて65歳に下げた。

    一方、民間保険会社が販売している認知症介護保険の加入可能年齢の制限は、保険会社によって70歳や75歳と異なる。KB損害保険のイ・ヨンチャン広報部長は、「各種の研究結果と資料をもとに、70歳を超えると認知症にかかる確率が急速に上昇することを考慮した結果」だとし、「登録可能年齢の基準をこれ以上に大きくすると、それだけ保険会社の立場からはリスクが大きくなり、保険料率も高くなって商品性が相対的に落ちることになる」と説明した。

    各種老人福祉制度もまた基準が異なる。雇用労働部や自治体レベルでの高齢者の雇用事業支援対象年齢は60歳である一方で、地下鉄無賃乗車の対象は65歳であり、これを70歳以上にのばそうという議論が繰り返されてきた。健康保険の被扶養者資格も65歳以上だ。

    職業別の定年の類型もまた寿命や人口推計に基づいているというよりも、職業の「格」によって上方規定されている方だ。例えば幼稚園の先生や小・中・高等学校の教師の定年は、一般会社員よりも2年おそい62歳だ。高等教育機関である大学教授は65歳定年でさらに長い。検事の定年は63歳である一方で、裁判官は65歳だ。

    このように、ほとんどの職場では60~65歳定年を規定しているが、規定と認識、希望はすべてでかけ離れている。平均寿命が80歳を越えつつ高齢者の基準をさらに高めなければならず、現実には実質的な引退年齢は50代前半に過ぎないということだ。

    ソウル市が先月発表した「2018年ソウル市の高齢者実態調査」結果によると、65歳以上のソウル市民3034人が考えている高齢者の基準年齢は平均72.5歳だった。老人福祉法の老人基準である65歳よりも7.5歳高い年齢だ。昨年のジョブコリアの調査結果、会社員の体感定年は40代後半から50代前半の間で上下した。公企業に勤務している会社員が体感している退職年齢は平均53.1歳で相対的に高かったが、大企業(51.3歳)と中小企業(50.8歳)、そして外資系企業(49.5歳)は50歳前後にとどまった。

    肉体労働者の可動年限に対する最高裁判決で、肉体労働者ではなく他の職業群に対する可動年限議論やその後の判決にも注目される。過去の判決によると、サッカー選手(35歳)やプロ野球選手(40歳)、ダイバー(50歳)のようにかなりの体力条件を必要とする職業の可動年限は比較的低かった。一方で小説家や医師、弁護士などいわゆる「ホワイトカラー」専門職群の可動年限は65~70歳と高かった。第4次産業革命が本格化にともなう職業の多様化で、このような議論はさらに活発になる見込みだ。
  • 毎日経済_チョン・ソグ記者/ムン・ヂェヨン記者 | 入力 2019-02-26 19:39:45