記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
カルチャー > 総合

「82年生まれ、キム・ジヨン」韓国で公開から8日目に損益分岐点を突破

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が韓国で公開8日目にして損益分岐点である観客動員数160万人を突破した。

    『82年生まれ、キム・ジヨン』は1982年生まれで2019年の今日を生きていく「キム・ジヨン」(チョン・ユミ)の誰も知らなかった話を描いた映画だ。公開後、高い評価点数を記録して口コミによるヒットを続けている映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が公開から8日目にして損益分岐点である160万人を突破した。

    特に公開2週目となる10月28日(月)14万2,429人、10月29日(火)14万8,313人、そして文化の日である10月30日(水)に24万7,335人の観客を動員し、公開2週目にもスコアの上昇を記録してさらなるヒットの傾向を見せている。

    公開2週目にもCGVゴールデンエッグ指数96%、ネイバー実観覧客評価9.48点、ロッテシネマ評価9.2点という高い評価を維持しており、秋の劇場街を魅了している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 | 入力 2019-10-31 07:51:20