記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
カルチャー > 総合

AlphaGoに勝った唯一の人間イ・セドル九段、現役を引退

    AlphaGoに勝った唯一の人間イ・セドル九段(36)がプロ棋士を引退した。

    韓国棋院は19日、「イ・セドルが今日、専門棋士を辞退した」と発表した。

    1995年7月、第71回入団大会を通じてプロに入団したイ・セドル九段は24年4カ月間の現役棋士生活を終えた。

    1983年、全羅南道新安郡(シナングン)飛禽島(ピグムド)生まれのイ・セドル九段は、2003年に入神(9段の別称)となった。

    2000年12月、天元戦とペダル王棋戦で連続優勝してタイトル狩りを始めたイ・セドル九段は、三段時代の2002年に第15回富士通杯決勝で劉昌赫(ユ・チャンヒョク)9段を半目で破って優勝し、世界大会の最低段優勝記録を樹立した。

    第18回世界大会優勝と第32回国内大会優勝など、すべてで50回の優勝を果たした。韓国棋院公式賞金集計で98億ウォンに近い収入を稼いだ。

    2000年、76勝を記録して韓国棋院最多勝の主人公となって最優秀棋院賞を獲得したイ・セドル九段は、通算8回のMVP、4回の最多勝と連勝王、3回の勝率王に輝いた。

    特に2016年、Googleディープマインドの囲碁人工知能プログラムであるAlphaGoと世紀の対決を繰り広げた。1勝4敗を記録したがAlphaGoを相手に勝利を収めた人類の唯一のプロ棋士だ。

    一方、イ・セドル九段の引退により韓国棋院所属のプロ棋士はすべて366人(男299人・女67人)となった。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ イ・サンチョル記者 / 写真=韓国棋院 提供 | 入力 2019-11-19 22:54:59