記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
カルチャー > 総合

パク・グンスク元アンカーが死去 ソン・チェファンの義父

    MBC「ニュースデスク」初代アンカーのパク・グンスクさんが4日、死去した。享年87歳。

    パク・グンスクさんは1955年大邱大学で経済学を専攻して翌年、釜山日報政治部記者として入社し、ジャーナリストの生活を始めた。以後、1961年に開局要員として文化放送へと移籍した。若くして招待報道局長に就任し、長い期間報道局を導いた。

    1970年10月、韓国で初めてアンカーシステムが導入された「ニュースデスク」を誕生させ、直接初代アンカーとなり1970年代の「ニュースデスク」の視聴者の高い信頼と人気を導き、功績を立てた。

    パク・グンスクさんは「ニュースデスク」40周年特集放送で大韓民国最初のアンカーとして紹介された。放送広告公社、放送記者クラブ、放送文化振興会などで要職を歴任した。大統領表彰と花冠文化勲章を受け取った。韓国放送映像産業振興院「放送の殿堂」に選ばれた。

    映画『ユア・マイ・サンシャイン』『私の愛、私のそばに』などを作ったパク・ジンピョ監督が故人の息子だ。演技者ソン・チェファンにとっては義父となる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者 | 入力 2019-12-05 09:04:11