記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

パク・ジョンス「2度の抗がん治療、食後に必ずニンニクの酢漬け」

    女優パク・ジョンスが過去のがん闘病の事実を告白した。

    9日午後に韓国で放送されたJTBC『冷蔵庫をお願い』にはパク・ジョンス、カン・ソンジンがゲストとして出演した。

    この日、パク・ジョンスは独特な食べ方を公開した。食後にニンニクの酢漬けを必ず食べて、アボカド、バナナをジュースにして飲むと明らかにした。

    パク・ジョンスは「10年前、免疫力が落ちて甲状腺がん、肝炎、帯状疱疹など、痛くないところがなかった」とし「当時、食習慣を直して食べることで健康を手にした」と説明した。

    また、「甲状腺がんを経験して抗がん治療を2度も行った。ところが何かが間違って唾液腺に異常が生じ、唾液があまり出ない」とし「スープがないと、ご飯を食べられない」と打ち明けた。

    一方、パク・ジョンスは現在、KBS2『世界で一番可愛い私の娘』に出演中だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 | 入力 2019-09-11 07:25:58