記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

ヒョナ&Jessi、同じ日に過激衣装で物議に 堂々と反論

    ヒョナとJessiが同じ日に刺激的な衣装で物議に包まれた。

    ヒョナは19日、韓国航空大学祭で「Bubble Pop」舞台を披露していた途中、ダンスブレークのパートで背を向けてスカートをまくり上げヒップを振るパフォーマンスを披露した。

    スカートの中にブラックのショートパンツをはいてはいたが、あまりにも短く、お尻の一部が露出した。ヒョナのこのような突発のパフォーマンスに舞台で一緒にダンスを踊っていたダンサーたちも驚いた表情だった。

    この映像は、オンラインコミュニティとSNSなどを介して拡散され波紋を呼ぶと、ヒョナは「私が昨日行ってきたイベントは大学のイベントで、すぐ隣に単純なバーやアルコール、酒などがありました。誰もがおもしろく楽しく遊べるパーティーでした。心配しないでください」と説明した。

    続いて「ファンたちと疎通する空間として使用するSNSに、このような説明が必要なコメント、または弁明ような文を書きたいとは思いませんが、はっきりとさせてください。あそこは10代の空間ではありませんでした。楽しむことができる舞台の上での映像を写真であんなキャプチャ、見逃すことはできませんでした」と自分の考えを堂々と明らかにした。

    Jessiはタイのバンコクに出国するために空港に登場したが、ズボンをはいていないのではという論議に包まれた。オーバーフィットのTシャツを着て取材陣に向かって手を振ったが、その際にお尻のラインが明らかになったもの。これをめぐってはズボンやスカートをはいていなかったのではという意見が多かった。

    Jessiも特有のストレートな物言いで率直に反論した。自分のインスタグラムに映像を公開して「ズボンをはいていました、OK? これをショートレギンスと言うのです」と説明した。

    ヒョナとJessiは歌手PSYが設立した事務所P.NATION所属の歌手だ。プライベートでも実の姉妹のように親しい仲だ。Jessiは『ラジオスター』に出演してヒョナへの悪質なコメントに代わりに怒ったエピソードを伝えたりもしている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 | 入力 2019-09-21 09:10:44