記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > Kドラマ

「ドンベクの花が咲く頃」コン・ヒョジンとカン・ハヌルの初キス場面を大公開

    『ドンベクの花が咲く頃』が今日(23日)の本放送を控えて、先週、視聴者をときめかせたコン・ヒョジンとカン・ハヌルの最初のキスシーンのスチールカットを大放出した。いつ見ても、どこから見ても美しい2人のロマンスへの期待が高まる。

    KBS2の水木ドラマ『ドンベクの花が咲く頃』(脚本イム・サンチュン、演出チャ・ヨンフン、カン・ミンギョン)でドンベク(コン・ヒョジン)とヨンシク(カン・ハヌル)の「高熱ロマンス」が始まった。過去の放送でお互いの心を爆発させた「お前が先にしたキス」はお茶の間をときめかせ、今後さらに熱く愛らしくなる2人のロマンスへの関心を高めた。

    燃える恋に一度負けた経験のあるドンベクは、ヨンシ​​クに火のように熱い愛ではなく、ゆっくり長くぽかぽかと温かくなるゆるい関係を提案した。しかし、ゆるい関係にも心臓が揺れ動くヨンシク。いよいよ自分があれほど望んできたドンベクの公式的な味方になることができた。だからヨンシクはドンベクが大変なときには、自分が一緒にいれるようにしてほしいという約束を最も先に受けとった。

    ところが本格的な開始の前に彼らに危機が迫った。連鎖殺人魔カブリが「目撃者」ドンベクをあの時から今まで毎日見ているという事実が明らかになったからだ。何よりも息子ピルグ(キム・ガンフン)の安否が心配だったドンベクはオンサンを離れることにした。誰よりも苦労して始めた関係だったが、燃え上がる前に終わってしまう危機に直面した。

    しかし、その危機はドンベクの2次覚醒で克服された。ドンベクはこのような瞬間のたびにいつも逃げていた。「他人が不快に思うのではと私を低くして、対面する前に逃げるほうが楽だった」というのが理由だった。しかし、毎回逃げる人に非常口はないという事実を悟ったドンベクが「取るに足らないものになる前に不快な人になってみることにした」と、また一度成長した。そんなドンベクがあまりにも美しく見えたヨンシクと、自分をどんどん賞賛するヨンシクにときめく心を抑えられなかったドンベク。やがて待ち望んでいたキスで2人のロマンスがさらに深まることを予告した。

    今日(23日)公開されたスチールカットには最初のキスの瞬間が含まれている。ドンベクの「二度と逃げない」宣言に笑顔で幸せそうな2人。見ているだけでも笑顔になるカップルだ。あふれる幸せに心を持て余したドンベクはヨンシ​​クの頬に先にキスをし、一緒にときめいたヨンシクは「お前が先にした」という話題のセリフでドンベクにキスをした。

    ヨンシクがこれ以上は優しい男にはならないと宣言し、高熱ロマンスの開始を知らせた。果たして今日(23日)午後、2人のロマンスの温度はまたどれくらい上昇するだろうか。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者 | 入力 2019-10-23 11:21:32