記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > TV・映画

ソンフン、ユン・ドンヒョンの前で歌披露…恥ずかしくて逃げる

    『私は一人で暮らす』でソンフンがユン・ドヒョンの前で歌を披露した。

    8日に韓国で放送されたMBCのバラエティ番組『私は一人で暮らす』では、ソンフンがユン・ドヒョンの前でユン・ドヒョンのバンドの曲『A flying butterfly』を熱唱した。

    この日、ヘンリーはユン・ドヒョンにソンフンが歌手であることを紹介した。彼は「ロイ・バンという歌手で、僕よりも多くの曲を出した」と話してユン・ドヒョンを驚かせた。

    イ・シオンは「歌うために胸を鍛えた」と付け加え、パク・ナレは「見せて。一度見せて」と催促した。

    これにソンフンは恥ずかしがりながらも立ち上がった。彼はユン・ドヒョンの前で、ユン・ドヒョンのアドバイスである「足に鋳鉄をのせた感じ」を繰り返して言い聞かせながら『A flying butterfly』を熱唱した。

    ソンフンの歌を聴いたメンバーたちは耐えがたい鋳鉄の重量に戦慄した。

    ソンフンは歌が終わった後、恥ずかしさに耐えられず大きく笑ってスタジオの外に逃げた。

    これにユン・ドヒョンは「歌は上手だったのに、その後の行動があまりにも変だった。笑いながら出ていったが殺気のようなものが」と評価した。イ・シオンは「捕まえたら本当に殴られる」と付け加えて笑いを抱かせ、ソンンは「申し訳ありません」と謝罪した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者 | 入力 2019-11-08 23:42:02