記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > TV・映画

[青龍映画賞] ポン・ジュノ、映画「パラサイト」で栄光の監督賞

    ポン・ジュノ監督が今年の青龍映画賞監督賞の主人公になった。

    ポン・ジュノ監督は21日午後、仁川(インチョン)パラダイスシティのホテルで開かれた「第40回青龍映画賞」授賞式で「青龍映画賞で韓国映画で初めて監督賞を受賞した。あまりにも受賞したかった」と喜んだ。

    続いて「映画のために共にしてくれたすべての方々に感謝する。監督ができるようにしてくれた多くの方々に感謝する」とし「今後も韓国映画界に役立つ寄生虫として生き残りたい」と所感を伝えた。

    今年の最優秀作品賞候補には『エクストリーム・ジョブ』、『パラサイト』、『ハチドリ』、『スウィング・キッズ』、『EXIT イグジット』の合計5本のそうそうたる作品がノミネートされた。

    主演男優賞候補にはリュ・スンリョン『エクストリーム・ジョブ』、ソル・ギョング『誕生日』、ソン・ガンホ『パラサイト』、チョン・ウソン『証人』、チョ・ジョンソク『EXIT』、主演女優賞はコ・アソン『抵抗:柳寛順の話』、キム・ヘス『国家不渡りの日』、ユナ『EXIT イグジット』、チョン・ドヨン『誕生日』、チョ・ヨジョン『パラサイト』がそれぞれノミネートされた。

    この日、青龍映画賞授賞式はSBSを通じて生中継された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者 | 入力 2019-11-21 22:49:12