記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

ヒョナが告白「うつ病とパニック障害、迷走神経失神の診断…自身を愛したい」

    歌手ヒョナがうつ病とパニック障害を患っていると告白した。

    ヒョナは28日、自身のインスタグラムに「これが正しい選択なのか私も分かりませんが、たくさん考えて、また考えて選択したものなので本当の私の話をしてみようと思います」と長文のコメントを掲載した。

    ヒョナは「デビューの後に成人となり私のすべての事に責任を負わなければならない、失敗してはいけない、誰にでも選択される人でありたいと欲が生じて前だけを見て走ってきました。私が病気だとも気付かずにです。それでも周りにいつも一緒にいてくださる良い方とファンが常に一緒だったから大丈夫だとばかり思っていました。先送りにして、違うと、大丈夫だと無視してきて最初に2016年に病院を訪れてようやく知ることになりました」と打ち明けた。

    また「体の調子が悪ければ薬を飲むことが自然なように、風邪をひいたら風邪薬を服用するように、いつもしっかりとしていた私だったので、うつ病やパニック障害という診断が信じられなかったのです」とし「今は自然と2週間に1度、治療を受けており、悪くばかり考えないようにしています」と付け加えた。

    ヒョナは迷走神経失神を患っているとも告白した。 「初めて前が白っぽくぼやけ、力なく倒れてしまいました。数回はこれもパニック障害の症状のひとつなのかなと深刻に考えていなかったのですが、医者の勧めて大学病院で脳波などあれこれ検査をしてみて知った事実は迷走神経失神という病気だということです」とし「舞台に立ちたいのに、私がこう頻繁に倒れてしまったら、私が病気であることを知ったら、誰が私を呼んでくれるのか、とにかく心配になって誰にも知られたくありませんでした」とした。

    最後に、ヒョナは「これからも、たくましく、元気に過ごすために努力しますが、人は完璧にはなれないようです。遅くないと考えて自分自身を愛して世話をしたいと思います。今のように勇気を出して正直でありたいです」と締めくくった。

    ヒョナは5日、新しいデジタルシングル「FLOWER SHOWER」を公開した。

    以下はヒョナのインスタグラム全文

    ---------------------------------

    こんにちは。私のファンアイン、または私が好きで関心を持ってくださる多くの方々。これが正しい選択なのか私も分かりませんが、たくさん考えて、また考えて選択したものなので本当の私の話をしてみようと思います。

    実は私は非常に幼い頃から舞台の上に立ちたいという夢を持っていました。そのため夢を叶えて、また予想外の愛を、関心を、心を本当にたくさんもらい、成長過程を経てきたのだと思います。

    子供の頃から私には特に多くの機会があたえられたと考えたからか、いつも感謝し正直に言って嬉しかったです。そんな時には申し訳なくもありました。そうして時間が過ぎて、私はデビューの後に成人となり私のすべての事に責任を負わなければならない、失敗してはいけない、誰にでも選択される人でありたいと欲が生じて前だけを見て走ってきました。私が病気だとも気付かずにです。

    それでも周りにいつも一緒にいてくださる良い方とファンが常に一緒だったから大丈夫だとばかり思っていました。先送りにして、違うと、大丈夫だと無視してきて最初に2016年に病院を訪れてようやく知ることになりました。私も心の病にかかった状態だったのです。体の調子が悪ければ薬を飲むことが自然なように、風邪をひいたら風邪薬を服用するように、いつもしっかりとしていた私だったので、うつ病やパニック障害という診断が信じられなかったのです。一年は信じることができなかったように思います。

    今は自然と2週間に1度、治療を受けており、悪くばかり考えないようにしています。多くの方々がそばにいてくれるので。そうして初めて前が白っぽくぼやけ、力なく倒れてしまいました。数回はこれもパニック障害の症状のひとつなのかなと深刻に考えていなかったのですが、医者の勧めて大学病院で脳波などあれこれ検査をしてみて知った事実は迷走神経失神という病気だということです。

    これといった方法がなく、呆然としました。舞台に立ちたいのに、私がこう頻繁に倒れてしまったら、私が病気であることを知ったら、誰が私を呼んでくれるのか、とにかく心配になって誰にも知られたくありませんでした。ところが秘密というのは長く守っていられたらいいのに、バタバタと倒れるたびに一人であせって申し訳ない気持ちになりました。広告やスケジュールを消化する時、イベントの時、私を信じて任せてくださる多くの方々に申し訳ありませんでした。

    だから私の心が少しでも軽くなるように率直に話すことにして、慎重でも隠さず勇気を出して打ち明けてみました。これからも、たくましく、元気に過ごすために努力しますが、人は完璧にはなれないようです。遅くないと考えて自分自身を愛して世話をしたいと思います。今のように勇気を出して正直でありたいです。読んでいただき感謝します。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | 入力 2019-11-29 09:04:46