記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

パク・ウォンスク、故キム・ジャオクさんを追悼「美しく華やかだったのに」

    女優のパク・ウォンスクがこの世を去った故キム・ジャオクさんを恋しがった。

    6日に韓国で放送されたMBN『モダン・ファミリー』にはパク・ウォンスクがMBC公開採用タレント2期出身の70年代のトップスター、ヤン・ジョンファに会う姿が描かれた。

    パク・ウォンスクとヤン・ジョンファは同期の故キム・ジャオクさんの納骨堂を訪れた。パク・ウォンスクは「たくさんの人が訪れたみたいだ。みんながしきりに触るからジャオクの場所がどこか一目で分かる」と涙ぐんだ。

    制作陣のインタビューでパク・ウォンスクはキム・ジャオクのことを追悼した。パク・ウォンスクは「感受性が豊かでたくさん笑って、いつも女性であることを大切にしていた女優だった」とし「美しく華やかな女優が私より先に亡くなったので胸が痛い」と明らかにした。

    ヤン・ジョンファは「心はか弱くて少女のように明るかった」と故キム・ジャオクさんを回想した。続いてパク・ウォンスクに「ジャオクに会えてよかった。会いたい」と言った。

    パク・ウォンスクはまた「亡くなる前にも連絡をしていた。ところが突然去ってしまい、それほど病気が良くなかったのかと思った」と切なさを表わした。

    一方、この日の放送では70年代を風靡したヤン・ジョンファが久しぶりに出演し話題を集めた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | 入力 2019-12-07 10:54:55