記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

チョン・ウォンジュン、交通事故で書類送検 遺族と和解

    俳優チョン・ウォンジュンが起こした交通事故が遺族との和解に至り、検察に今週送致される予定だ。

    11日、京畿楊平警察署は遺族と和解に至っており、別の追加の容疑がないことから、交通事故処理特例法違反の疑いで事件が終結すると明らかにした。

    チョン・ウォンジュンは去る10月22日午後7時頃、京畿道楊平郡にある大型マートの前でマートに向かって左折していたところ、バイクと衝突した。この事故でバイクを運転していた配達業者の従業員(17)が重傷を負い病院に移送され、応急処置を受けたがヘリコプター搬送を準備する最中に心停止で命を失った。

    これと関連して警察は「違法なUターンや飲酒運転等に該当する事故ではない」と明らかにしている。

    当時、KBS2の週末ドラマ『愛はビューティフル、人生はワンダフル』に出演していたチョン・ウォンジュンは直接心境を明らかにし、視聴者に丁寧に了解を求めた。

    チョン・ウォンジュンは「事故がありました。私の目の前で未来への夢をいっぱいに抱えている生き生きとした青春が消えました。目を閉じれば、その瞬間が浮かんで本当に残酷に痛みます」と心境を明らかにし、「私のドラマ降板に対する賛否があることを知っています。よく分かっています。良心もないのか?指弾と非難があるであろうことも知っています。非難されるのなら甘受します。ピエロの宿命を果たしていきます」とドラマ出演に臨むことを率直に伝えた。

    続いて「正しく生きることが何であるのかを少しでも悩みながら生きるように努力します。いつも自分に告白をしてみます」と今回のことで自分の人生をより丁寧に振り返ると付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 | 入力 2019-12-11 10:43:32