記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
エンタメ > 総合

チョン・ジュニョンやチェ・ジョンフンの控訴審が延期「控訴理由が不明確」

    チョン・ジュニョン、チェ・ジョンフンなどいわゆる「チョン・ジュニョンのグループチャット」のメンバーたちの集団性暴行容疑の控訴審裁判が開始されたが、被告人側の控訴理由書が不明で追加証拠調査が行われる可能性を念頭に、本格的な公判期日は2月初めに延期された。裁判部は一審に基づき犯罪が成立するかどうか、および証拠能力などを慎重に判断するという意志を断固として明らかにした。

    21日午後、ソウル中央地方法院(地裁)第12刑事部(ナ)の審理で性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反容疑などで起訴されたチョン・ジュニョン、チェ・ジョンフンなど「チョン・ジュニョンのグループチャット」のメンバー5人の控訴審初期日が開かれた。チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンはスーツ姿で、他の被告であるクォン氏とキム氏は囚衣姿で裁判に参加した。

    この日の控訴審裁判部は被告人側が提出した控訴理由書について「具体的に悩むように」と注文した。1審の判決に不服だとした被告人5人の立場がそれぞれ異なる中で、裁判部は「一​​部の弁護人は事実関係自体を否認したり、性的関係があったとしても刑法上の犯罪に該当しない旨を主張しているが、被告人の行為が正常な行為だと主張するものなのか、それとも被告が他の女性との関係でもこのようなパターンなのか、普段からの方式だという趣旨なのか、異常ではあるが犯罪の程度ではないという趣旨なのか、それとも全体的に刑事訴訟法でいう犯罪の構成要件に該当しないということなのかが控訴理由書で不明だ」と明らかにした。

    彼らの疑いが明らかになったチョン・ジュニョンの携帯電話の中のカカオトークの会話内容が違法に採取されただけに、証拠能力がないと主張してきたチョン・ジュニョン側の主張について「証拠能力について1審でも核心的な事案については判断を下した。この部分については後に法理に基づいて判断するだろうが、捜査機関がある事情で拘束するには曖昧、またはそのような事情があるとき、どのように見るかも裁判部が判断するだろう」と明らかにした。

    裁判部はまた「そもそも捜査機関が特定の目的のため、あるいは利害関​​係を持って、証拠を正常に提出したのに検事や警察が刑事訴訟要件に従わなかったり証拠能力を否定することができるのかについての判例や刑事訴訟規則を見ながら法理的に解釈する」と述べた。

    性交時に被害者が見せた反応をめぐり犯罪容疑を争う部分にも厳しい基準を予告した。裁判部は「(被害者の)心神喪失あるいは抵抗不能の状態を利用してという要件や複数の要件と関連して、体の身体反応だけで判断することができるのか、体の反応、身体反応に加えて被害者の意思決定能力や認知能力、事物弁別能力も考慮するのかは、もう一度確認してみる」と「身体が反応したとしても刑法上の犯罪ではないとすることができるのか、基本的に被害者の気持ちや意思決定能力や認知能力が一貫して問題があったのかなどの法理を確認する」と明らかにした。

    続いて「最近、ブラックアウトなのかパッシングアウトなのかについての議論がされている。パッシングアウトと関連して参照する資料があるのか、具体的にこの事実について被害者たちがどのような状態だったのかを確認して、法理的判断に必要なものなのかを確認する」と付け加えた。

    被害者の弁護人には量刑資料の目的または被害回復のために被告側が合意を求めたいとき、被害者が同意した場合に協力してあげることを要請した。裁判所は「被害者が裁判所の協力要請に従う義務はないが、被害者の意思を確認し、一般的な手続きを進めてほしい」とした。それとともに被告側に「合意や被害回復の努力の過程で2次被害が発生しないように努力してほしい」と付け加えた。

    上述した理由により、この日の公判は2月4日午後4時30分に延期された。当初、40分ほど行われる予定だったこの日の公判は30分で終了した。

    チョン・ジュニョン、チェ・ジョンフンなどは2016年1月江原洪川郡で、同年3月に大邱で女性を泥酔させ集団で性暴行を加えた疑いで裁判を受けてきた。

    彼らが関連した性暴行疑惑事件は計3件で、合計10回の公判を経て昨年11月に開かれた1審でソウル中央地裁刑事29部(部長判事カン・ソンス)はチョン・ジュニョンに懲役6年、性暴行治療プログラム80時間履修、児童青少年関連機関就業制限5年を宣告した。

    一緒に起訴されたチェ・ジョンフンは懲役5年と性暴力治療プログラム80時間の履修、児童青少年関連機関就業制限5年と刑の執行終了後3年間の保護観察を命じた。また、有名なガールグループのメンバーの兄であるクォン氏には懲役4年、元芸能企画社の従業員には懲役8カ月に執行猶予2年、元江南クラブ「バーニングサン」MDキム氏には懲役5年がそれぞれ言い渡された。しかし5人全員が裁判所に控訴状を提出し、1審の判決に対する不服意思を表明した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | 入力 2020-01-21 17:32:51