記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
ニュース > 事件事故

「華城連続殺人事件」…二つの顔の容疑者

1級模範囚として静かな収監生活 

    • 李某氏は容疑を否定している


    ◆ 速度出す「華城連続殺人事件」捜査 ◆

    「華城連続殺人事件」の容疑者として特定された李某氏(56)は、いまから25年前にチョヂェ(妻の妹、義妹)を強姦・殺害し遺体を遺棄した疑いで釜山刑務所に無期懲役囚として服役している。李氏が1級模範囚として収監生活をしていることが知られ、刑務所側も李氏の二つの顔に戸惑う姿が歴然だ。

    もちろん李氏は犯行を否認しているが、華城連続殺人事件と「義妹強姦殺人事件」は似たような犯罪類型を示しており、李氏が真犯人である可能性に力が乗せられている。

    19日の司法当局によると、李氏は1994年1月に義妹に性暴行して殺害した後、遺体を遺棄した疑いで裁判に渡されて無期懲役が確定し、翌年の1995年10月23日から24年めを釜山刑務所で収監中だ。当時、李氏は清州市興徳区の自宅に遊びに来た妻の妹(当時20歳)に睡眠薬を入れた飲み物を与えて性暴行した後、無残に殺害した。当初、李氏は二審まで死刑を宣告されたが、大法院で無期懲役に減刑された。特に妻の妹を殺害して遺棄したということが華城連続殺人事件と非常に似ている。李氏は妻の妹の遺体をジーンズやビニール袋などに複数枚重ねて包み、近くの野積場に捨てた。

    残酷で緻密な犯行手口とは異なり、李氏は20年以上の収監生活を送りながら一度も問題を起こさない、1級模範囚として評価されている二重性も見えた。李氏が収監されている釜山刑務所側は、彼が義妹殺人・死体遺棄の疑いで無期懲役を宣告されて収容されただけで、他の事件に関与するかどうかは全く認知していなかった。刑務所の関係者は「ふだんは無口で静かな性格なので、彼が凶悪な犯罪容疑者として指名されたというニュースに、看守と収容者の両方ともが驚いた」とし、「家具製作技能士の資格取得と作品展示会での入賞経歴がある模範囚」だとした。李氏は容疑者として特定された後、刑務所を訪れた警察の追及にも特別な反応なしに、淡々とした表情を浮かべて容疑を全面否認した。

    警察は李氏が容疑を否認しているがDNAという強力な科学的証拠があるだけに、さらなる調査が必要だという立場だ。法務部の協力要請などを経て、彼は京畿南部地方警察庁近くの矯正機関に移される可能性も提起される。警察の捜査過程で李氏の容疑者が明らかに証明されるまでは、個人情報の公開は難しい見通しだ。警察関係者は「捜査が仕上げられて疑惑が完璧に立証されてこそ、身上情報の公開も検討することができる」と述べた。
  • 毎日経済_水原=イ・サンホン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2019-09-19 17:51:52