記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
ニュース > 総合

『寄生虫』ゴールデングローブ賞を受賞…韓国初

    • 映画『寄生虫』で第77回ゴールデングローブ賞の外国語映画賞を受賞したポン・ジュノ監督。 AP通信



    ポン・ジュノ監督の『寄生虫(邦題『パラサイト』)』が米国ゴールデングローブ賞の外国語映画賞を受賞した。アカデミー賞と並んでハリウッドを代表する授賞式にあげられるゴールデングローブ賞で、韓国映画が賞を受けたのは初めてだ。今回の受賞結果は来月開かれるアカデミー賞でも、『寄生虫』に有利な影響を与えるものと期待される。

    5日(現地時間)、ハリウッド外国人記者協会(HFPA)は米ロサンゼルス(LA)のザ・ビバリー・ヒルトン・ホテルで第77回ゴールデングローブ賞授賞式を開催し、『寄生虫』に外国語映画賞をもたらした。

    スペインの巨匠ペドロ・アルモドバルが撮影した『Pain & Glory(ペイン・アンド・グローリー)』とフランスの『Portrait of a Lady on Fire(燃える女の肖像)』など、同部門のそうそうたる競争作を抜いて収めた成果だ。ポン・ジュノ監督は「今日の世界の偉大な映画監督たちと一緒に候補に上がることができて、それ自体で光栄だった」とし、「1インチほどの字幕の壁をこえれば、あなたがたははるかに多くの映画を楽しむことができる」と所感を明らかにした。続けて同氏は、「私たちはただ一つの言語だけを使うと思う。シネマ(映画)」と英語で付け加えた。この日、『寄生虫』は脚本賞と監督賞候補にも名前を上げたが受賞にはつながらなかった。

    『寄生虫』はポン・ジュノ監督が昨年に製作した新作だ。全員が失業中のギテク(ソン・ガンホ)家族が、身分と学歴を偽ってパク社長(イ・ソンギュン)の家に偽装就業する内容を盛り込んだ。いくら豊かなふりをしても超えられない階層の壁を、匂いなどのさまざまな比喩と象徴で表現することによって、二極化社会の弊害を厳しく批判したという評価だ。昨年5月に韓国映画史上初のカンヌ映画祭「パルム・ドール」を獲得する気炎を吐いた。

    同年末、北米で公開された後には『寄生虫』症候群を生んだ。映画館入場券の販売を集計するBox Office Mojo(ボックスオフィスモジョ)によると、現在までにこの映画が現地で稼いだチケット収入は約2301万ドル(270億ウォン)だ。既存の韓国映画の北米最高興行作だったシム・ヒョンレ監督の『D-WARS ディー・ウォーズ』が立てた1098万ドルの2倍を超える。全米映画評論家協会賞作品賞・脚本賞をはじめ、米国の大手映画賞を総なめにした。

    ゴールデングローブでは映画やドラマをひっくるめた韓国コンテンツでは最初にノミネートされて受賞にまで成功し、「Kムービー」の新しい地平を開いたと考えられる。この間、韓国映画は芸術としての完成度に力点を入れる欧州のフィルムフェスティバルではしばしば受賞したが、エンターテイメントとしての価値をより重視する米国2大映画賞での実績は皆無だった。

    • ポン・ジュノ監督(赤い丸右)が受賞の呼称直後、CJグループのイ・ミギョン副会長から祝福されている。 YouTubeの画面キャプチャ



    来月にLAで開かれるアカデミー賞で受賞する可能性もいっそう高めたという評価だ。Oscars(オスカー)とも呼ばれるアカデミー賞は映画監督と俳優や脚本家など、6000人あまりで構成された米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)での会員投票で決定される。映画の完成度に加えて他の映画祭での受賞など、話題性が賞を受ける際に大きな影響を与える。映画振興委員会と国内外の配給会社で構成されたタスクフォース(TF)チームは、『寄生虫』のオスカー受賞の可能性を高めるために米国での広報活動を行っている。 AMPAS会員のイ・ミギョンCJグループ副会長もグローバルな映画人脈を活用して、現地で『寄生虫』を援護射撃している。この日の授賞式でも『寄生虫』の受賞結果が発表されると、イ・ミギョン副会長が拍手する姿がカメラにとらえられた。

    このことによって、ハリウッドで韓国映画の持つ位相は一段階高まるとみられる。この間、ゴールデングローブはアジアのコンテンツに対する関心は高くなかった。映画評論家のチョン・チャンイル氏は「韓国映画をこえて、アジア映画の位相を高めたと評価することができるだろう」とし、「韓国映画は2000年代からアジア映画を代表してきたが、英米圏では認めずに無視してきた」と説明した。

    この日『寄生虫』が候補に上がった脚本賞部門は、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のクエンティン・タランティーノ監督にわたった。監督賞にはポン・ジュノを抜いて『1917』のサム・メンデスが輝いた。2つの作品はゴールデングローブ映画セクションの最高の栄誉に該当する作品賞のドラマ部門(1917)とミュージカル・コメディ部門(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)をそれぞれ獲得した。映画(ドラマ)部門の主演男優賞は、国内でも500万人を超える観客が見た『Joker(ジョーカー)』のホアキン・フェニックスが、主演女優賞は『ジュディ 虹の彼方に』のレネー・ゼルウィガーが受賞した。

    『寄生虫』がアカデミー賞の最終候補に含まれるかどうかは、来る13日に発表される。国際映画賞(旧外国語映画賞)と主題歌賞の候補に上がっている状態だ。多くの外信はこの作品が国際賞、監督賞、脚本賞、作品賞などにノミネートされるものと見ている。
  • 毎日経済_パク・チャンヨン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2020-01-06 18:16:10