記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
HOME > 韓国Q&A

  • Q.
    犬と猫がケンカしたら、どちらが勝ちますか?
  • A.
    犬と猫がケンカしたら、どちらが勝ちますか?

    ペットを飼っている人は、あまり聞きたくない内容ですね。ケンカするのを見るのも嫌なのに、どちらが勝つのか聞くなんて、残酷すぎる質問です。

    犬と猫を一緒に飼う時、下の場面と同じならば、心配しなくていいでしょう。


    正にスイートホームです。
    しかし、犬と猫を一緒に飼って、よくないことが起こることも多いです。

    上の写真くらいならマシですが、猫が犬に噛まれて死ぬという惨事が起こったりします。

    猫と犬のケンカは、ライオンと虎のケンカ同様、人々の興味を引くテーマです。

    猫と犬は生まれつき人懐っこい性格を持っていたり、訓練させなければ仲よくなれません。両方が捕食者だから、自分の領域にいる他の捕食者の存在を許すことができないのでしょう。 野性が残っている犬と猫を一緒に飼おうという考えは無謀です。

    ペットを扱う書物には、このように書いてあります。
    犬は機嫌がいいと尻尾を上げたまま軽く振り、機嫌が悪いと尻尾を垂らす反面、猫は怒る時に尻尾を立てます。

    猫と犬が初めて対面するとき、「会えてうれしい」という表現で犬は尻尾を振り、猫は尻尾を垂らしましたが、相手の様子を見て「あいつは、なぜ怒ったんだ?」と敵対感情を表わす可能性があるという説明です。

    質問にきちんと答えるなら、ケバケ*と言うしかないです。
    * case by case(ケースバイケース)

    体格が似ている場合、一般的に猫が有利だと言われています。歯だけで戦う犬とは違って、猫はひっかいたり噛んだりします。しかも、素早いです。しかし、あくまでも同じ体格の場合にだけ通じる話です。

    一般の家庭で体格の似ている小型犬と猫を一緒に飼うと猫の序列が犬より高くなります。

    問題は犬の場合、品種別に体格の差が大きいため、大型犬は体重が100キロを超える場合もありますが、猫は品種別に体格の差があまりなく、大きくても20キロを超える場合がほとんどありません。だから、体が大きい犬と猫が対立する場合は、猫が逃げなければ1分以内に噛みつかれる可能性が高いです。

    ゴールデンレトリバーのような大型犬が猫から攻撃を受けて避けたりしますが、性格が穏やかで猫を殺す気がないだけであって、まともに争えば、結果は目に見えてます。