記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > FOCUS

「鬼<トッケビ>」から「黄金色」までスタジオドラゴンの市場掌握力

    氾濫するメディアの洪水の中で、特に頭角を現しているドラマ制作会社がある。それがスタジオドラゴンだ。

    スタジオドラゴンは昨年5月に設立された。設立後、スタジオドラゴンは『鬼<トッケビ>』、『また?!オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~』などCJ E&Mのチャンネルの中心として有名作品を作り出した。設立から2年も経たない制作会社の目に飛び込む成長の裏にはメディア帝国と呼ばれるCJ E&Mがあった。

    スタジオドラゴンはCJ E&Mのドラマ事業部が分割されて設立されたドラマ制作専門会社だ。スタジオドラゴンは設立以降その影響力を広めつつあり、『太陽の末裔』、『鬼<トッケビ>』を執筆したキム・ウンスク作家が所属するファ&ダムピクチャーズ、『星から来たあなた』を執筆したパク・ジウン作家が所属する文化倉庫、KPJを買収して競争力を高めてきた。

    スタジオドラゴンのメイン舞台はCJ E&Mだ。現在CJ E&Mにて放送中のほとんどの作品はスタジオドラゴンにて制作された。『この人生は初めなので』、『ブラック』、『ピョン・ヒョクの愛』から最近放送が終了した『名不虚伝』、『付岩洞復讐者たち』までジャンルと内容を問わない斬新な作品がスタジオドラゴンの手から誕生した。

    スタジオドラゴンを代表する作品としては断然昨年12月に放送されたドラマ『鬼 トッケビ』だ。『鬼<トッケビ>』はキム・ウンスク作家の初ケーブルチャンネル進出作だった。「ロコ(ロマンティックコメディ)キング」コン・ユと「ロコ匠人」キム・ウンスクの出会いで開始前から話題を集めた。蓋を開けた『鬼<トッケビ>』は想像以上のシンドロームを呼び起こした。連日最高視聴率を更新し、20.5%という視聴率でtvNの歴史を新たに書き記しスタジオドラゴンの代表作となった。

    スタジオドラゴンの作品にて「ウェルメイド」ジャンル作品をはずすことはできない。スタジオドラゴンは『トンネル』、『ボイス』、『君を守りたい~SAVE ME~』、『ブラック』まで推理追撃スリラー、インチキ宗教、死を見る目などの斬新な素材をもとにOCNのウェルメイドドラマ系譜を続けた。

    今年6月に放送されたtvN『秘密の森』は高い話題性で多くのマニアを量産したりもした。感情を感じることができない検事ファン・シモク(チョ・スンウ扮)を中心に検察庁内部で起きる不正と黒い勢力を暴いた『秘密の森』は6.6%という視聴率で放送を終了した。ペ・ドゥナ、チョ・スンウの主役たちはもちろんシン・ヘソン、イ・ギュヒョンなどの新たな俳優たちの可能性まで確認させた。スタジオドラゴンはその人気に背を押されて『秘密の森シーズン2』を検討中だと明かしている。

    スタジオドラゴンの企画力は地上波でも輝きを発した。現在人気放送中のKBS2TV週末ドラマ『黄金色の私の人生』はスタジオドラゴンが制作する初の地上波週末ドラマだ。前面に出たシン・ヘソン、ソ・ウンスなどの新人俳優に対する憂慮と、パク・シフの復帰作という点から事前には大きな期待を得ることはできなかった『黄金色の私の人生』は、去る2014年に放送された『家族なのにどうして~ボクらの恋日記~』以降容易に越えることができなかった魔の視聴率40%突破を目前として話題を集めている。

    こうした作品の他にも『グッドワイフ』、『青い海の伝説』、『明日、あなたと』、『シカゴ・タイプライター』、『内省的なボス』、『サークル:繋がった二つの世界』、『医心伝心 ~脈あり!恋あり?~』などの人気作品がスタジオドラゴンの手から誕生した。

    スタジオドラゴンは現在133人におよぶクリエイターを保有している。チェ・ジンヒ代表理事は「グローバルスタジオとして跳躍することが中長期事業目標」とし「2020年まで国内ドラマ市場の40%を占有し、海外売上高を年平均30%伸張させることが目標」だと話した。

    グローバルスタジオとして跳躍したいというチェ代表理事の言葉のとおり、スタジオドラゴンはワーナーブラザーズ、Netfilixなど海外有数企業と協業を進行中だ。スタジオドラゴンは24日、コスダック上場を知らせた。今回のコスダック上場がスタジオドラゴンが目標地点まで到達できる跳躍ポイントとなるのか注目される。
  • シックニュース アン・イェラン記者 / 写真=各ドラマポスター | (C) mk.co.kr | 入力 2017-11-25 08:09:00