記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > 人物

韓国「5ヶ月間の夏」は時間の問題...ナム・ヂェチョル気象庁長

    • ナム・ヂェチョル気象庁長


    「これから9月と10月の平均気温も大きく上がるでしょう。5月の気温も6月に準ずるほどに上がるという点を勘案すれば、間もなく5か月間の夏を準備する必要があります」。

    40度を超えるメガトン級の猛暑が韓半島を襲った今夏、国民生活の中では生存問題にまで重要度が大きくなってしまった気象情報を統括するナム・ヂェチョル気象庁長(59)に14日に会った。「今年のような暑さが続くか」最も気になった質問から投げかけた。

    ナム・ヂェチョル気象庁長は、「従来は夏の概念は6~8月にあったが、これからは5月と9月・10月の平均気温が大幅に上がるだろう」とし、「特に5月の気温は6月に準ずる程度に上がって、春の花がひとしきり咲いている頃から夏の準備を始めなければならない」と言う。今年5月の平均気温は17.8度で平年(17.0~17.4度)よりも少し高かったが、今後はそうではないという説明だ。ナム気象庁長は「猛暑であっても今までは平均10日だが、21世紀末には35日程度に増えると予想している」とし、「歴代最高の暑さよりも激しい日々が毎年増えるだろう」と語る。記録的な猛暑が襲った今年の猛暑日数はこの12日までに26.1日で、同じ期間では1位だった1994年(25.5日)を既に超えた。この傾向が続けば年間でも1994年(31.1日)を軽く超える可能性が高い。

    気温が変化する速度も速くなっている。ナム気象庁長は「韓半島の平均気温は過去100年間で1.4度上がったが、気温が上がる速度が速くなっている」とし、「21世紀後半には現在と比べて4.7度高い韓半島を見ることになるだろう」と語った。気温の変化に合わせて、韓半島全体の気候変動も予想される。すでに亜熱帯気候に入った済州と韓半島の南部地域はもちろん、中部をはじめ北部地域もまもなく亜熱帯に移行するというのがナム気象庁長の予想だ。実際に農村振興庁は昨年、韓国の環境に合った亜熱帯作物の研究結果を発表し、2020年ごろはわが国の地域の耕地面積の10.1%が亜熱帯気候に変わり、2060年には26.6%、2080年には60%を超えるとしている。

    ナム庁長が「夏長期化」の主犯と指摘したのはやはり地球温暖化だ。温室効果ガスの排出量が増加して地球全体の温度が高くなり、韓半島もこの流れに逆らうことができないからだ。ナム庁長は「温室効果ガスの排出による気候変動は世界的に進んでおり、これによる現象の変化などの影響が懸念される状況」だとし、「未来の人類のための温室効果ガス削減の努力が必要だ」と訴えた。

    猛暑はまだ終わっていないが、この冬も平均気温の回帰にともなう楽観できない寒波が吹き荒れる可能性が高い。

    ナム庁長は「時期を断定することはできないが、科学的に予測してみると今年は夏の猛暑があっただけに、冬には厳しい寒さがあると思う」と語った。ナム庁長は「今は地球のあちこちで天気の二極化が現れている。10年前に比べて平均気温は大きく変動がないのに、最も暑い日と最も寒い日が繰り返される異常現象が頻繁に現れる」と語る。

    猛暑の日常化が予見されるだけに、対策も重要だ。国家レベルで猛暑を災害に指定管理しなければならないというのがナム庁長の視点だ。ナム庁長は、「今年の猛暑で熱中症疾患だけでも3800人が発生するなど、猛暑もいまや災害の領域に突入した」とし、「災害安全法に猛暑を含めて、被害を減らす努力が必要だ」と語る。続いて「猛暑が法律上の災害に含めると地震のマニュアルのような行動要領を導出し、被害を最小限に抑えることができるだろう」と主張した。

    気象庁では独自の予報強化も進めている。気象庁は今年6月から、猛暑を含む気象の影響予報システム(影響予測)を試行している。影響予測はこれまでの一括的な助言式予報から一歩進んで、異常気象現象が呼び起こす危険に脆弱な市民に、気象情報とともに具体的な行動要領などを提供するサービスだ。同じ猛暑でも発生地域・階層別リスクの程度が異なるからだ。ナム庁長は「今年の夏に被害が最も大きかった人々は、安宿の高齢者や農民たちだった」とし、「被害が予想されるときに、これらの人々は世話する公務員や農村里長などの自治体5万6000人あまりに被害に備えた行動要領などを配信するサービスを提供した」と語った。続いて「2020年には正式サービスを目標に、さまざまな部署と協力して関連研究を進めている」と付け加えた。

    気象庁特別運営チームも予報の精度を高めるための自己救済策だ。ナム庁長は赴任以来、全国の地方気象庁の若くて優秀な予報官7人を本庁に呼んで特異な気象に備える「予報生産体系専門タスクフォース(TF)」を作った。

    ナム庁長は気象庁の予報能力の向上のための長期計画も明らかにした。ナム庁長は「気象予測力は観測網、数値モデル、予報官の能力の三拍子がことどとく備わってこそ上昇する」とし「現在、気象庁は西海上の海上観測網の拡充、来年までに韓国型数値モデルの開発完了、インセンティブなど予報官賞罰制の導入などを推進中」だと、青写真を説明した。就任1年を評価してくれという要求に、ナム庁長は「就任後、今まで清州水騷動、北韓の核実験人工地震、浦項地震、今年の猛暑まで多難だった」とし、「それだけに国民の賞賛と叱責を受けたことも多かった」と語った。続けて「気象庁は国民のうわさの口に上らなければ役割をよく果たしているわけなので、黙々と役割を実行できるように努力を惜しまない」と約束した。
  • 毎日経済_リュ・ヨンウク記者/写真=イ・スンファン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2018-08-16 08:04:00