記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > 人物

チャ代表…3兆ウォンの世界血圧計市場をねらう

体成分分析装置のインボディ社の 


    「体成分分析器市場に続き、血圧計市場でも1位になります」。

    体成分分析装置の世界1位企業であるインボディ(InBody)社のチャ・ギチョル代表(61・写真)は血圧計市場に挑戦状をさし出した。最近、ソウル市論硯洞のインボディ本社で会ったチャ代表は、「血圧計市場は全世界で最大3兆ウォン規模で、体成分分析器市場よりもはるかに大きい」とし、「血圧測定値の再現度を高めて、インボディの営業チャネルを使用すると相乗効果を出すことができると期待される」と自信を見せた。チャ社長は「私たちが血圧計などの健康管理機構としてよく知られている日本のオムロン社と、競合社になってはいけないとはいう法はない」とし、「血圧計の世界1位を目標に、熱心に研究している」と付け加えた。

    世界の体成分分析器市場を掌握したインボディは、2010年に血圧計を発売した後、数年間は性能の向上に集中して血圧計市場の扉をノックし続けてきた。その結果、昨年のヨーロッパ高血圧学会(ESH)が主管する自動血圧計の臨床試験に合格し、世界市場での製品の優秀性と実効性を認められた。チャ代表は、「韓国企業が開発した血圧計がESHの臨床試験を通過したのは初めてで、3度の失敗の末に得た結実」だとし、「血圧測定値の再現度を上げると非常に有用な機械になって、商業的にも十分に成功することができる」と述べた。

    チャ代表は体成分分析器で成功神話を書いたベンチャー事業家だ。体成分分析器とは、体の中に脂肪や筋肉がどの程度あるのかを測定する装置だ。裸足で足置きの上に上がり、両手でバーをつかんで1分ほど立っていれば体の部位別の脂肪と筋肉、水分量を測定してくれる。インボディは体成分分析器のブランド名だが、あまりにも広く知られたことからブランド自体が普通名詞化された。会社名もバイオスペースから2014年初めにインボディに変更した。日本と米国、ヨーロッパなどの海外でも、体成分測定を「インボディチェック」と呼ぶほどだ。

    チャ代表は、「私は5~10年後を見据えて何かを上手くやる」とし、「仮説を立ててうなくいくと、次からは自信を持って投資して、うまくいかないときは仮説を変えるという式で実験するように事業をしてきた」と言う。絶え間ない研究を通じた測定の精度がインボディの競争力だ。インボディを利用した学界の研究が増えて、年間に数百編の論文が発表されており、米国および海外の大学の教科書には体成分分析方法としてインボディが掲載された。

    チャ代表は延世大学の機械工学科を卒業し、米国ユタ州立大学で博士課程を終えた。体成分分析はハーバード大学のポスドクのときに深く研究した。誰よりも体成分分析器をうまく作れるという考えで、1996年に創業を決意した。

    両親に受けたチョンセ資金の一部である2000万ウォンと、知人から投資を受けて一人でビジネスを始めた彼は昨年、インボディを996億ウォンの売上げと237億ウォンの営業利益を上げる企業に成長させた。国内の医療機器の上場企業の中で最高レベルの利益率だ。米国・日本・中国・欧州などの海外に現地法人6社を置いており、世界の80社あまりのパートナーを通じて総売上げの80%近くを上げるほどのグローバル企業に成長した。チャ代表は「体成分分析器だけでなく、血圧計や身長計、家庭用インボディ、インボディバンドなどの医療機器分野はやることがないことがあまりにも多い」とし、「インボディが医療ベンチャー産業分野でのベストプラクティスのまま、若い人たちのロールモデルになったら良いという希望を持っている」と語った。
  • 毎日経済_クォン・ハヌル記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2019-06-17 19:20:24