記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > オピニオン

[コラム] 洗面台の詰まりを解消するドジョウ

  • 願わないことだが、洗面台が詰まる時がある。絶対そんな事が起きないラグジュアリーな洗面台、万が一、詰まったとしても、目下の人に直すように命令すればいい人なら、まあ、気にすることでもないだろうが、普通の人にとっては、とても面倒なことだ。

    詰まりを解消する薬品を買って注いだり、あるいは鉄の串でいろんな方向から突き刺して狭い管を塞いでいる物質を取り除かなければならない。普通の人は普通こうする。

    でも、もし家でドジョウを飼っているなら話が変わってくる。
    ドジョウを放すと、代償に洗面台の詰まりを解消してくれるそうだ。本当?はい、本当だ。
    証拠写真を見せよう。

    洗面台が詰まって水が溜まっているのが見えるだろう。手に持ったのは放すドジョウだ。

    解放されたドジョウは自由を求めて狭い管に入り、穴をねじ開けて抜け出す。
    次の写真はドジョウが成し遂げた業績だ。

    溜まっていた水が抜けたのが見えるだろう。

    韓国に「1匹のドジョウが水を濁す」ということわざがあるが、 でたらめだったようだ。濁すのではなくて悩みの種を解決してくれたので、ことわざを変えなければならない。しかし、まだ時ではない。

    ドジョウが水を濁すのは事実だ。
    ドジョウは田んぼの土を掘り返して作物が栄養分や空気を吸収することを手助けする。害虫を捕って食べて、鳥たちも呼び集める。

    そのため、水を濁させるために、農夫たちはドジョウを田んぼに放っておく。収穫が終わるとドジョウはチュオタン(ドジョウ鍋)になって食卓に上がるので、生きても死んでも人のためになるしかない存在だ。

    政界を見ても、スポーツや芸能界のニュースを探しても、もどかしい話ばかりだ。 何か、ぎっしり詰まったような気がする。こんな時、詰まりを解消して、隠された幕を掘り返すドジョウがいたらいいと思う。
  • Lim, Chul | 入力 2019-09-10 00:00:00