記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > 総合

アシアナ航空売却…2兆の大型買収戦に

  • アシアナ航空の売却戦が興行に成功した。アシアナ航空の売却本入札に参加したHDC現代産業開発・未来アセット大宇コンソーシアムと愛敬グループ・ストーンブリッジキャピタルコンソーシアムが2兆ウォン以上の入札を書いてさし出したことが確認された。

    7日の金融投資業界によると錦湖産業と債権団はこの日、アシアナ航空の売却本入札を締め切った結果、HDCコンソーシアムと愛敬グループコンソーシアムの双方ともんい2兆ウォンを超える価格で応札した。

    この日の本入札には、HDCコンソーシアムと愛敬グループのコンソーシアム、KCGI・バンカーストリートPEコンソーシアムなど計3者が参与した。

    KCGIコンソーシアムは確実な大手の戦略的投資家をつかむことができず、脱落する可能性が非常に高い状況だ。HDCコンソーシアムと愛敬グループコンソーシアム間の価格差はわずかであることが伝えられた。このために今回の売却戦は競売式の入札で展開する可能性が高くなった。売却側が両コンソーシアムを相手に、より高い買収額を提示する方式だ。

    アシアナ航空にこのような天文学的な賭けが行われた理由は、買収者の意志が確固としているからと思われる。チョン・モンギュHDC会長とパク・ヒョンジュ未来アセット創業者は、日に日に成長を見せている世界の航空輸送と免税店ホテル事業などの相乗効果に対する確信にしたがって、このような賭けに乗り出した。チェ・ヒョンソク愛敬グループ統括副会長もまたLCCの市場競争の激化で、規模の経済を実現することなしには生存の分かれ道立つだろうという危機意識で巨額の賭けに出たものと解釈される。
  • 毎日経済_ハン・ウラム記者/ソン・グァンソプ記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2019-11-07 19:55:34