記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > 総合

SK、役員人事と組織改編を断行


    Kグループは2020年役員人事と組織改編を断行した。 SK(株)とSKテレコムやSKイノベーションなどの主力系列会社の最高経営責任者(CEO)らは留任し、安定したリーダーシップの中に次世代のリーダーの発掘作業が続いた。社長昇進を含めて役員117人が新規に輩出されたし、女性・外国人に続いて30代の役員も現れた。

    SKグループは5日、最高意思協議機構であるスペックス追求協議会を開き、各関係会社の取締役会を通じて決定された役員人事と組織改編を最終確定した。

    役員人事の規模は新規に選任された108人に、社長昇進9人を加えて117人だ。去る8月から役員職級が廃止され、副社長・専務の昇進がなくなっただけに、全体の役員人事の規模は昨年の151人に比べて大幅に減少した。しかし新規の役員昇進者は毎年110人前後で行われたが、今年も同じような規模だった。来年の初めに任期が満了するキム・ジュンSKイノベーション社長、パク・チョンホSKテレコム社長、チャン・ドンヒョンSK(株)社長はすべて留任した。このうちキム・ジュン社長とチャン・ドンヒョン社長は、グループのスペックス追求協議会内で役割の調整が行われた。キム社長は既存のユ・ジョンジュンSK E&S社長が務めていたエネルギー・化学委員長を受け継ぐことになり、チャン社長はコミュニケーション委員長として新規に補任された。安定したリーダーシップの構築でも、次世代リーダーの発掘は続いた。

    SK(株)C&C社長にはパク・ソンハ スペックス追求協議会戦略支援チーム長が、SKルーブリーコンチュ社長にはチャ・ギュタク基油事業本部長が内定した。 SKブロードバンド社長はチェ・ジンファンADTキャップ代表が、SKマテリアルズ社長はイ・ヨンウクSK(株)投資2センター長が内定した。チャン・ヨンホSKマテリアルズ社長はSKシルトロン社長に異動し、グループの半導体生態系との相乗効果を強化することになった。パク・ソンハ新社長はグループ内では代表的な戦略的計画と投資通だ。チェ・ジンファン新社長はグローバルコンサルティング会社出身の企画・事業開発の専門家だ。

    SKハイニックスは社長級の昇進者2人を輩出した。チン・ギョウォンDRAM開発事業担当副社長を社長に昇進させ、開発と製造総括社長に任命した。 SKハイニックス米国法人でありグローバル事業推進を担当しているチン・ジョンフン副社長も社長に昇進した。チン・ギョウォン社長はマーケティング部門長と米国法人総括などを歴任するなど、SKハイニックスの海外事業の業務を総括している。

    その他の主な社長級人事では、チョ・ジョンウSKバイオファーム代表が代表取締役社長に、パク・チャンジュン ディスカバリー総括が代表取締役社長に昇進した。チョ・ドンヒョン スペックス追求協議会HR支援チーム長はSKユニバーシティ社長に昇進する。女性役員は過去最大の7人を新規で選任し、グループ内における女性役員の規模は27人まで拡大した。
  • 毎日経済_ハン・エギョン記者/チョン・ギョンウン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2019-12-05 19:30:16