ハン・ヒョジュ、強烈な雰囲気のグラビアが公開


  • Harper's BAZAAR Korea

女優ハン・ヒョジュのグラビアが公開された。

ファッションマガジン『Harper's BAZAAR Korea』がハン・ヒョジュと撮影した10月号のカバーグラビアを公開した。

ハン・ヒョジュは今回のグラビアで特有の優雅な姿にモダンながらも強烈な雰囲気を加え「女優のオーラ」が何なのか見せてくれた。ハン・ヒョジュは今回のグラビア現場でプロらしい集中力でカットごとに雰囲気を変えながら情熱的に撮影に臨みスタッフから惜しみない拍手と賛辞を受けたという。

グラビア撮影が終わった後のインタビューでハン・ヒョジュは新しい映画『海賊:鬼の旗』に対する感想を伝えた。彼女は「これからは作品を一緒に作っていくということにより意味を持つようになったようです。共演する俳優たちが、すでに他の作品で一度ずつ呼吸を合わせた方々でした。この人たちなら私も面白く演技できるし現場へ行く道が楽しいでしょう。ある程度予測できます。それに皆心配事が多い時期ですからね。最近はコロナブルーを越えてレッドまで来たと言うじゃないですか?こんな時、観客が笑いながら見られる作品をするというのは意味のあることです」と明らかにした。

  • Harper's BAZAAR Korea

海賊団主のヘランのキャラクターへの格別な愛情を表現した。ハン・ヒョジュは「特に私が演じたヘランは人間的にとても魅力的で進取的でリーダーシップの強い人物なのでもっと良かったです。海賊団主として多くの男たちを網羅する人物です。後になって性別など思い出せないほど本当にみんなで冒険にでも旅立つようだった」と伝えた。

女優として、これからは専門職の女性や社会的メッセージが込められた作品を演じたいという抱負を明らかにした。

ハン・ヒョジュは「20代の時はメロの比重が一番大きかったようです。30代に入ってからはアクションや体を使う演技をたくさんしましたね。 本当に全力で演じてきました。体を使うアクション、銃を使うアクション、 刀で演じるアクション、全部やってみました。最近は社会的なメッセージが盛り込まれている作品や、もう少し専門的な職業を持った女性たちを演技してみたいという願いがあります」 今は映画やドラマというジャンルを通じてどんな話を残せるのか、女優として自分がどんな話を伝えられるのかについて悩んでいるようです」と伝えた。

ハン・ヒョジュと一緒に出演したグラビアとのインタビューは10月20日に発刊予定の『Harper's BAZAAR 』10月号とYouTube公式チャンネルを通じて見ることができる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-09-15 09:33:02