パク・ウンビン「『恋慕』で7年ぶりに時代劇に挑戦、王の役に引かれた」


  • Harper's BAZAAR Korea

女優のパク・ウンビンがファッションマガジン『Harper's BAZAAR Korea』で新しい姿を見せた。

10月11日に放送されるフュージョン時代劇『恋慕』で男装した王を演じ確実な演技変身を見せるパク・ウンビンはグラビア撮影でもこれまで見せたことのない新しいコンセプトでカメラの前に立った。ほとんどメイクをしていない透明な顔にレッドリップでポイントを与えたパク・ウンビンの新しい顔に、全てのスタッフが感嘆したという。

  • Harper's BAZAAR Korea


  • Harper's BAZAAR Korea

撮影後のインタビューでパク・ウンビンは「2014年『秘密の扉』が最後の時代劇作品だった。久しぶりに時代劇をやってみたいと思っていたところ『恋慕』に出会った。「朝鮮時代の女性が皇太子として生きていき、王になる物語」この一行にも設定がとても魅力的だった。

これからも時代劇に出演する機会はあるだろうが、王様の役割になる機会はなさそうだった。すべてを差し置いて『恋慕』に出演することになった」とし、7年ぶりに時代劇を撮影することになった理由を明らかにした。続いて初めての男装演技、アクション演技と済州島(チェジュド)を行き来しながら撮影した近況について話を綴った。

パク・ウンビンのグラビアは『Harper's BAZAAR Korea』10月号とウェブサイトで見られる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-09-28 13:24:07