「イカゲーム」出演キム・ジュリョン、グラビアでシックな魅力を披露


  • VOGUE

女優のキム・ジュリョンがシックな魅力を披露した。

最近、キム・ジュリョンがファッションマガジン『VOGUE KOREA』と共同で撮った写真が公開された。今回、公開されたグラビアはキム・ジュリョンのこれまで秘めてきた魅力を十分に表現して視線を集める。

公開された写真のキム・ジュリョンはシンプルなブラックドレスを優雅に着こなしたり、名画『真珠の耳飾りの少女』のようにディテールが引き立って見えるイヤリングにホワイトシャツをマッチさせ、神秘的でありながら官能美が加わったビジュアルを披露した。さらにファーコートとボールドなゴールドアクセサリースタイリングは、キム・ジュリョンのシックな魅力をより際立たせ注目を集めている。

特に今回のグラビアを通じて大きな瞳でカリスマはもちろん、魅惑的な美しさまで感じられる深みのある眼差しを見せてくれたキム・ジュリョンはグラビア撮影の間中、写真作家と幻想的な呼吸を誇りモデルのように自由なポーズと雰囲気を披露し感覚的なグラビアを完成させた。

  • VOGUE

写真撮影後に行われたインタビューでキム・ジュリョンは「『イカゲーム』が公開される数日前、不思議な夢を見た。山のように便があふれ出るが人々の視線にも恥ずかしさどころか、非常にすっきりした気分になった。その後、アメリカにいた夫に電話をかけた。「話はするな」と夫に言われてしばらく忘れていた夢だ。生々しいあの夢のためだったのか、 『イカゲーム』はまさに大ヒットした」とし『イカゲーム』撮影前のエピソードを伝えた。

さらに「アメリカは今、韓国よりも大騒ぎだという。毎日、学生と教授仲間が『イカゲーム』の話をし、おかげで自分がスターになったという」と演出を専攻後、現在テキサス州立大学の教授を務める夫の話を伝えた。これまで妻の演技については言葉を惜しんでいた彼も最近は、思い切り楽しんで現地のマネージャーを自任しながらあらゆる知らせを伝えているという。

また、『イカゲーム』の初撮影の日、緊張しすぎて密かに焼酎を一杯飲んだというキム・ジュリョンは「スタッフが自然にモニターを確認する姿さえ、「あなたが、どれほど演技が上手なのか見てみよう」と思ってるようだった。もともとお酒は飲めないが、一杯飲んだら、ほろ酔い加減で周囲が気にならなかった。「もう知らない」という思いで演じた。幸いなことに監督に褒められたので、その時からプレッシャーが減った」といい、カメラの前で大きな役柄を演じながら感じたプレッシャーを率直に伝えた。

しかし、アドリブが光を放った場面もあるとし「もともとトイレに送ってほしいと四角に駄々をこねる場面で、ハン・ミニョのセリフは「ここでするわよ、本当にしていいの」がすべてだったが、ズボンを引きずり下ろすふりをしながら「ああ、気持ちよく出るわ」と言うのは即興演技だった。思わずそんな言葉が飛び出した。その瞬間、現場のスタッフが爆笑し監督も拍手をしながら「神の一手」と面白がった」と厚かましいハン・ミニョに同化した演技に関するエピソードも伝えた。

最後に、もう1つ望みがあるとすれば、いつかは必ず「劇中で誰かに愛される役」を演じてみたいというキム・ジュリョン。これにより『イカゲーム』がヒットした後、作品と役割に対する選択の幅が増えた彼女が今後どのような作品を通じて視聴者に会えるのか関心が集まっている。

キム・ジュリョンは現在JTBCドラマ『工作都市』を撮影中で大韓民国の政財界を牛耳る財閥家の美術館を背景にしたこの作品で、キム・ジュリョンはソ・ハンスク(キム・ミスク)の秘書コ・ソンミ役を演じ寡黙な忠臣型人物を演じる予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-10-28 11:01:36